メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


「STAND BY ME ドラえもん」あらすじ・ネタバレ

2015.08.30 (Sun)

簡単なあらすじ


1) 勉強もスポーツもダメで、ドジな小学生・野比のび太(声:大原めぐみ)のもとに、ある日、セワシという少年が訪ねてきて、ネコ型ロボットのドラえもん(声:水田わさび)を置いていく。
2) セワシは、のび太の子孫であり、不甲斐ないのび太のせいで、子孫たちも迷惑をこうむっているのだという。そこで、のび太の未来を変えるため、セワシはドラえもんを連れてきたのだった。
3) ドラえもんはのび太を助け、結果、のび太の未来は「しずかちゃんとの結婚」という幸せなものとなった。そこで、ドラえもんは未来へ戻ることとなった。
4) ドラえもんがいなくなり、寂しくなったのび太。そんなある日、ドラえもんの置いていった「ウソ800」という、言ったことが全てウソになるひみつ道具を使い、「ドラえもんはもう帰ってこない」とつぶやく。すると、ドラえもんが帰ってきて、のび太はドラえもんを喜んで迎え入れるのだった。

起:ドラえもん


勉強もスポーツもダメで、ドジな小学生・野比のび太(声:大原めぐみ)のもとに、ある日、セワシ(松本さち)という少年が訪ねてくる。

のび太の孫の孫にあたるセワシは、22世紀からやってきたのだという。「このままでは将来が悲惨なものになり、僕ら子孫にも影響がある未来を変えようと思う」というそのセワシという少年は、ネコ型ロボットであるドラえもん(声:水田わさび)をのび太の世話係にする。

あまりののび太のダメっぷりに、ドラえもんはセワシの命令に反しようとするが、「のび太を幸せにしないと、未来に帰れない」というプログラムを行い、ドラえもんを無理やりのび太のもとへ置いていく。

承:しずかの遭難


のび太は、ドラえもんとも仲良くなり、未来の道具で助けてもらうようになる。そして、のび太は、クラスメイトであるしずかちゃん(声:かかずゆみ)が気になるということもあり、ドラえもんは陰ながらそんなのび太を応援するのだった。

のび太は、ドラえもんの反対を押し切り、ひみつ道具「刷り込みたまご」を使ってしずかちゃんの気持ちを引こうとするが、失敗してしまう。そんな自分に嫌気が差したのび太は、「ムシスカン」を使ってしずかちゃんに嫌われようとするが、優しいしずかちゃんは「放っておけない」と、そんなのび太のことを助けてくれるのだった。

この一件で、未来は変わろうとしていた。のび太とドラえもんは、未来がどうなったのかを調べに行く。青年となったのび太を、登山に誘うしずかだったが、のび太は断る。猛吹雪の雪山の中、しずかは仲間とはぐれて遭難してしまう。

そこで、放っておけない少年ののび太は、「タイムふろしき」で青年の姿(声:妻夫木聡)に変身し、しずかを助けに行く。丸っきり役に立たず、困り果てるのび太だったが、そんな彼でも必死に助けようとしてくれるのび太に、しずかちゃんは「この前の返事、OKよ」と、プロポーズを受けると言うのだった。ところが、少年ののび太には、意味が分からない。

また、しずかは風邪をひいて、雪山に居続けることは命の危険もあった。のび太はしずかの身を案じるのだったが、そんな彼らのところに、青年ののび太が救助にやってくる。しずかを病院へ送り届けると、少年のび太は、しずかちゃんが「この前の返事、OKよ」と言っていたと青年ののび太に伝える。すると、青年ののび太は、プロポーズが受け取ってもらえたと、大喜びするのだった。
トップページ  |  20:20  |  映画のネタバレ

「キングスマン」あらすじ・ネタバレ

2015.08.27 (Thu)

簡単なあらすじ


1) 世界最強のスパイ機関「キングスマン」のエージェントの1人が、仲間を助けるために犠牲となる。その息子ゲイリー・"エグジー"・アンウィン(タロン・エガートン)は、エージェントのハリー・ハート(コリン・ファース)にスカウトされる。
2) エグジーはエージェントの試験を順調に突破していくが、最終試験で失格となり、悲嘆にくれる。その中で、慕っていたハリーが、テロリストであるリッチモンド・ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)に殺害されてしまう。
3) 「キングスマン」のリーダー・アーサー(マイケル・ケイン)も、ヴァレンタインに操られていることを知り、ハリーはアーサーを返り討ちにする。結果、残ったエージェント3人だけで、ヴァレンタインに立ち向かうことになった。
4) エグジーは、仲間とともにヴァレンタインのアジトに乗り込み、ヴァレンタインとヴァレンタインの右腕であるガゼル(ソフィア・ブテラ)を倒し、人類の危機を救うのだった。

起:父親の死


世界最強のスパイ機関「キングスマン」のエージェントたちは、任務中にターゲットを捕まえるが、そのターゲットが使用したグレネード弾により、あるエージェントが命を落とす。そのエージェントは、自らの命を犠牲にし、他の者を救ったのだった。

同僚の死を悼み、「キングスマン」の一員であるコードネーム"ガラハッド"ことハリー・ハート(コリン・ファース)は、亡くなったエージェントの家族のもとへ向かう。妻は泣き崩れ、ハリーは「助けが必要な時は、メダルに書かれた電話番号に電話してくれ」と告げた上で、そのメダルを息子・ゲイリーに渡すのだった。

17年後、雪深い山奥の小屋に、ジェームズ・アーノルド教授が、ネット長者であるリッチモンド・ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)率いるテロリストらに囚われていた。そこに、キングスマンの一員である"ランスロット"が救出にやってきた。アーノルド教授を救おうとするが、ランスロットは、ヴァレンタインの右腕であるガゼル(ソフィア・ブテラ)によって殺害されてしまう。

一方、ロンドンでは、ハリーが「キングストン」のアジトに向かっていた。表向きはロンドンのサヴィル・ロウにある高級スーツ店「キングスマン」であったが、そこを隠れ蓑にし、スパイたちはアジトにしていたのだった。「キングストン」の代表アーサー(マイケル・ケイン)は、ランスロットが殺害されたことを告げ、「エージェントを1人、補充せよ」と命じる。

承:エグジーとの再会


亡くなった同僚の息子 ゲイリー・"エグジー"・アンウィン(タロン・エガートン)もまた、ロンドンで生活していた。母親は夫の死から荒れた生活をするようになり、エグジーもまた不良青年となったしまっていた。ある日、盗んだクルマで暴走していたところ、エグジーは逮捕される。

取り調べ室にいたエグジーは、メダルに書かれた電話番号に電話をする。すると、わけが分からないままに釈放され、警察署の前にハリーが待ち構えていた。ともにバーに行き、ハリーはエグジーに父親の話をする。そして、「君の父親は勇敢だった…今、君のことを見たら、失望するのではないか」と告げるのだった。

そんな中、エグジーが盗んだクルマの持ち主が怒りに満ちてやってきた。6人も連れ立ってやってきたその男にエグジーは復讐されそうになるが、ハリーが返り討ちにする。その鮮やかな戦いぶりに、エグジーは魅了されていた。

その後も、エグジーは身の危険を感じるが、素早い身のこなしで逃げまわる。追手を振りきった先には、「キングスマン」があった。エグジーにエージェントとしての片鱗を見たハリーは、エグジーをエージェントになることを提案する。エグジーは、その提案を受けるのだった。

だが、エージェントの候補者は多くおり、試験を突破する必要があった。部屋に水が急に溢れてくるシチュエーションに対処を迫られたり、イヌを訓練する試験、軍用機から飛び降りるといった様々な風変わりな試験が次々に課された。
トップページ  |  16:20  |  映画のネタバレ

「テッド2」あらすじ・ネタバレ

2015.08.26 (Wed)

簡単なあらすじ


1) テッド(声 セス・マクファーレン)は、タミ・リン・マッカファーティー(ジェシカ・バース)と結婚するが、1年で夫婦仲は悪化する一方だった。そこで、テッドはタミに、「子供を作ろう」と提案する。
2) テッドとジョンは、精子バンクを訪れるなど、協力して奮闘するが、上手くいかない。そんな中、テッドは養子をもらおうとするが、マサチューセッツ州から「人間ではなく、所有物であり人権はない」と判断されてしまう。
3) テッドは、女性弁護士サマンサ(アマンダ・セイフライド)とともに裁判を戦うが、敗訴してしまう。そのため、サマンサは、凄腕のパトリック弁護士に協力を依頼する。
4) 最初は断られたものの、ジョンが身を挺してテッドのことを守ろうとする姿に心を打たれ、パトリック弁護士が協力することになった。裁判で勝訴し、晴れてテッドは人権を認められた。そしてついに、テッドはタミと養子をもらい、幸せな家庭を築くのだった。

起:テッドとタミの結婚生活


テッド(声 セス・マクファーレン)は、タミ・リン・マッカファーティー(ジェシカ・バース)と結婚し、教会で大勢の人に囲まれながら結婚式を挙げていた。幸せいっぱいのテッドに比べ、子供の頃から親友であるジョン・ベネット(マーク・ウォールバーグ)は浮かない表情だった。ジョンは、ローリーと離婚しており、そんな彼にテッドは「新しい彼女を作れ」と告げた。

盛大な披露宴を挙げたテッドとタミ。だが、幸せな結婚は長く続かなかった。結婚から1年後、テッドはタミの洋服にかける費用が多すぎて家計を圧迫していると文句を言ったところ、アパートの住民を巻き込んでの大ゲンカを引き起こす。

夫婦ゲンカをしてから、口を聞かなかったテッドとタミだったが、テッドはは同僚から「夫婦円満のためには、子供を作ることよ」とアドバイスされ、タミに「子供を作ろう」と提案し、夫婦の仲を改善しようとする。タミも同意し、子供を持とうとするのだった。

承:人権を求めて


テッドが子供を作るのにも、問題があった。テッドはテディベアであり、人間と同じような子作りはできない。そこで、テッドとジョンは、まずサム・ジョーンズに精子提供を求めるが、「クスリのやり過ぎで、もう少なくなってしまっている」と断られてしまう。テッドは、腹いせにサムのキャデラックに石を投げて窓を割り、逃げ帰った。その後、アメリカンフットボーラーのトム・ブレイディーの家に侵入し、精子を手に入れようとするが、失敗する。

次に、ジョンが「テッドのためなら、精子を提供する」と提案。精子バンクに向かう。だが、そこで2人は悪ふざけをして、検体が並ぶ棚を倒してしまう。結果、ジョンは検体まみれになってしまった。

2人が努力する一方、タミは薬物使用により、不妊症であると判明する。そのため、テッドたちは養子をもらおうとするが、マサチューセッツ州から「人間ではなく、ぬいぐるみ」と判断され、親権がないと通知されてしまう。その通知が原因で、勤めていたスーパーの店長から、解雇されてしまう。また、タミとの婚姻も破棄されてしまった。

困った2人は弁護士を雇い、テッドの人権を求めて戦うことを決める。弁護費用のない2人は、若い女性弁護士であるサマンサ・レスリー・ジャクソン(アマンダ・セイフライド)を紹介され、断ろうとするが、彼女もドラッグを使用していることから意気投合。3人で裁判を起こすことにした。

サマンサは、「人間には、名字が必要よ」と言われ、テッドは「クラバーラング(『ロッキー3』で、ロッキー・バルボアを倒したボクサー)にする」と言うのだった。それからテッドは、裁判でもテッド・クラバーラングと名乗ることになる。
トップページ  |  17:05  |  映画のネタバレ

「ムカデ人間3」あらすじ・ネタバレ

2015.08.25 (Tue)

簡単なあらすじ


1) 刑務所の所長ビル・ボス(ディーター・ラーザー)は、州知事(エリック・ロバーツ)から、ビルの刑務所が暴動数、医療費、離職率が全米一となってしまったこともあり、「この状況が改善されなければ解雇する」と最後通告を受けてしまう。
2) ビルの右腕で経理士のドワイト(ローレンス・ハーヴェイ)は、『ムカデ人間2』を参考にし、ビルに「囚人たちを繋げ、ムカデ人間にすれば暴動も起きず、経費削減ができる」と提案する。
3) ビルは当初、その案に反対するが、刑務所を訪れた『ムカデ人間』監督のトム・シックスに会い、考えを変える。
4) ムカデ人間計画は実行に移され、500人もの囚人たちが繋げられた。州知事もまた、この狂気に満ちた計画に賛同する。ムカデ人間計画の手柄を独り占めしようとしたドワイトをビルは射殺し、ビルは1人、ムカデ人間を見下ろし、悦に浸る。

起:最悪な刑務所


刑務所の所長ビル・ボス(ディーター・ラーザー)は、刑務所内で度重なる暴動に悩まされていた。どんな策を講じても一向に囚人たちを大人しくさせることができず、また懲りもせず刑務所内で暴動事件が発生。ビル・ボスとビルの右腕で経理士のドワイト(ローレンス・ハーヴェイ)が現場へ出向くと、看守が囚人に刺されていた。

ビル・ボスは、蛮行を働く囚人の腕を折って骨を露出させ、罰する。また、別の囚人も熱湯で拷問し、大火傷を負わせる。

そんな中、州知事(エリック・ロバーツ)からは、ビルの刑務所が暴動数、医療費、離職率が全米一となってしまったこともあり、「この状況が改善されなければ解雇する」と最後通告を受けてしまう。

承:悪夢のような提案


ドワイト(ローレンス・ハーヴェイ)は、映画『ムカデ人間 2』を参考に、囚人たちをひざまずかせて口と肛門をつなげることを提案する。抑止力となりえるだけでなく、食費もたった1人分で済んでしまう、とドワイトは主張する。

所長はドワイトのアイデアに反対していたが、『ムカデ人間』シリーズの監督トム・シックスが刑務所を訪れたことで心変わりし、実行に移すことを考える。トム・シックス監督は、「手術を見せてもらえるなら」との条件で、アイデアの使用許可を与える。
トップページ  |  18:06  |  映画のネタバレ

「アメリカン・スナイパー」あらすじ・ネタバレ

2015.08.23 (Sun)

簡単なあらすじ


1) クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、98年にアメリカ大使館爆破事件を契機に、30歳という年齢ながら海軍に入隊し、特殊部隊「シールズ」に配属される。
2) 狙撃兵として優れた才能を開花させたカイルは、桁外れの戦果を上げ、次第に「レジェンド」などと言われるようになる。だが、その一方で賞金首となり、狙われることになる。
3) 戦地から帰国するたびに変わっていく夫の姿に苦しみ、「帰って来ても、あなたの心は戦地にある。人間らしさを取り戻してほしい」と嘆願するタヤの願いもむなしく、カイルの心は蝕まれ、それでも戦地へと赴くのだった。
4) 仲間たちの多くの命を奪った元射撃オリンピック選手の敵スナイパー・ムスタファ(サミー・シーク)を倒し、カイルは除隊する。だが、PTSDにより社会生活に戻れなくなっており、彼はカウンセリングを受ける。傷痍軍人との交流の中で、彼はようやく元の生活に戻れた。
5) カイルは、射撃に一緒に出かけた傷痍軍人に射殺されてしまう。カイルは、国民たちが英雄として見守る中、葬送されるのだった。

起:海軍入隊


クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、テキサス州に生まれ、厳格な父親に狩猟を教わりながら育った。そんな彼は、ある時、弟をいじめていた少年を殴り倒し、父親から「世の中には、羊、狼、羊を守る牧羊犬がいる。お前は、羊たちを守る牧羊犬になれ。ただし、狼にはなるな」と教えを受けた。

カウボーイに憧れ、ロデオに明け暮れていたカイルは、98年にアメリカ大使館爆破事件をテレビで観て、愛国心から海軍に志願する。30歳という年齢ながら、厳しい訓練を突破して海軍の特殊部隊「シールズ」に配属される。また、私生活では、タヤ・カイル(シエナ・ミラー)と結婚し、幸せな日々を送っていた。

だが、2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件によりイラク戦争が始まり、カイル自身も結婚式の最中、戦地への派遣が決まる。カイルは、初めての派遣で、爆弾を所持していた子供と女性をも狙撃する経験をそこですることになる。

承:レジェンド


狙撃兵として優れた才能を開花させたカイルは、大きな戦果を挙げたことからいつしか軍内で「レジェンド」と称賛されるようになるが、敵からは18万ドルもの懸賞金をかけられるようになる。

過激派組織ISILへと変貌するテロ組織を率いるナンバー2のザルカーウィー(ミド・ハマダ)を捜索する作戦へと参加したカイルは、1 km 級の射撃を行う元射撃オリンピック選手の敵スナイパー・ムスタファ(サミー・シーク)と遭遇する。

戦地から帰国するたびに変わっていく夫の姿に苦しみ、「帰って来ても、あなたの心は戦地にある。人間らしさを取り戻してほしい」と嘆願するタヤの願いもむなしく、カイルの心は蝕まれ、それでも戦地へと赴くのだった。
トップページ  |  20:21  |  映画のネタバレ

*All archives   *Admin