メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


「インセプション」のネタバレ

2010.07.18 (Sun)
物語は海岸で波打ち際に横たわるコブ(レオナルド・ディカプリオ)で始まる。彼が持っているのは拳銃と紡錘形の独楽(コマ)だった。年老いた姿のサイトー(渡辺謙)は、「私を殺しに来たのか…お前を見たことがある」と話す。

その後、シーンは変わり、コブ(レオナルド・ディカプリオ)と若返ったサイトー(渡辺謙)の会食シーンとなる。コブは「無防備となる夢で、アイデアを盗まれる危険性がある。盗られたくなければ、私を信用しろ」と説得するが、サイトーは「考えておく」と信じる様子ではなかった。実は、すでに彼らはサイトーの夢の中で話していた。コブはサイトーのアイデアをターゲットとして狙うが、亡くなった妻の投影の邪魔立てにより失敗する。

だが、そこはサイトーの夢の2階層目だった。1階層目の夢で、さらにサイトーのアイデアを盗もうとするが、夢だと気づかれてしまい、また失敗する。失敗を許さない雇い主から逃亡を図ろうとするコブ達だったが、サイトーがその前に現れる。

コブと相棒のアーサー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、彼から仕事を依頼される。依頼内容は、ライバル会社の解体を目的とし、その競合会社の会長の息子・ロバート・フィッシャー(キリアン・マーフィー)にさせるようアイディアを"植えつける(インセプション)"ことだった。困難かつ危険な内容に一度は断るものの、妻殺しの容疑をかけられているコブは、犯罪歴の末梢を条件に仕事を引き受けた。

夢の世界を構築する「設計士」のアリアドネ(エレン・ペイジ)、他人になりすましターゲットの思考を誘導する「偽装士」のイームス(トム・ハーディ)、夢の世界を安定させる鎮静剤を作る「調合士」のユスフ(ディリープ・ラオ)をメンバーに加え、作戦を決行する。
トップページ  |  18:50  |  映画のネタバレ

「借りぐらしのアリエッティ」のネタバレ

2010.07.18 (Sun)
アリエッティ(志田未来)はとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種族だ。

アリエッティが庭でハーブを摘んでいると、心疾患で手術を控え、手術日までの静養目的にこの屋敷にやってきた少年・翔(神木隆之介)に姿を見られてしまう。だが、一瞬だけであり、気にもとめていないだろう、とアリエッティは思っていた。

その晩、アリエッティは父親(三浦友和)とともに"狩り"に出かける。"狩り"とは、人間の住む家から生活に必要なものを拝借してくることだった。その晩の獲物は、角砂糖とティッシュペーパーだった。初めての体験に、アリエッティは心踊らせていた。初めての狩りは上手くいくかと思われたが、翔は起きており、アリエッティは再び姿を見られてしまう。また、せっかく手に入れた角砂糖を帰る途中で落としてしまう。

次の日、アリエッティは姿を見られたショックと、初めての狩りの失敗で落ち込んでいた。そんな中、軒下へと翔は角砂糖を運んだ。「わすれもの」という手紙とともに。悩んだ末、アリエッティは1人で角砂糖を翔の元へと返しに行く。そして、「私たちには関わらないで」とアリエッティは翔に伝えた。その帰り道、父親にアリエッティは人間と関わるな、と諭される。

父親は、引っ越しを検討し始めた。その最中、森の中で彼は足をくじいてしまう。そこで同じく小人であるスピラー(藤原竜也)と出会う。スピラーに助けられ、なんとか帰宅することができた。
トップページ  |  09:56  |  映画のネタバレ

*All archives   *Admin