メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


SPEC 第07話 「庚の回」 ネタバレ・あらすじ

2010.11.27 (Sat)

第07話 「庚の回」-覚吾知真-


ある夜、瀬文(加瀬亮)は美鈴(福田沙紀)から、志村(伊藤毅)が、治療費が払えないことを理由に、ほぼ強制的に「尊厳死」させられることになったと聞かされる。瀬文の元部下である志村は、長い間植物状態が続いており、警察病院からついに人工呼吸器停止することを宣告されてしまったのだ。

瀬文は「病を治す能力を持つ人物」なら志村を救えると思い、居場所を見つけようと必死。当麻(戸田恵梨香)と共に、スペックホルダーのデータを調べ始める。そして、予知能力者・冷泉(田中哲司)ならば、予言で病を治す人間の居場所が分かるだろうと冷泉の居場所を探す。

その矢先、未詳に「新宿のシンデレラ(0時きっかりに店じまいをすることから)」ことサトリ(真野恵里菜)と名乗る少女がやって来た。サトリは人気の占い師で、人の心を読む能力があると言う。サトリは「冷泉の身柄を奪還する」と宣言。瀬文の心から、冷泉の居場所を読み取ったと言い、姿を消す。

サトリ(真野恵里菜)は、とある組織から、冷泉の身柄を抑えることで報酬を得ることになっていた。そして、津田助広(椎名桔平)から冷泉を奪還することに成功する。サトリの目的は、冷泉に「各国の首脳陣の寿命を占うこと」だった。だが、冷泉はその占いを拒否し、思念を浮かばないようにすることで対抗する。
トップページ  |  16:09  |  ドラマのネタバレ

ドラマ「黄金の豚」第06話 ネタバレ・あらすじ

2010.11.27 (Sat)

黄金の豚 第06話「美人教授の虚飾に喝」


明珍(生瀬勝久)が異動になり、角松(大泉洋)は課長補佐に昇進することになった。そんな特別調査課の変化があった中、芯子(篠原涼子)らは、科学研究費(科研費)を使う、東京国立大学の遺伝子工学のスター教授・響ゆかり(鈴木砂羽)について調べることになった。決まった学生たちがアルバイトを頻回に使っていることを怪しんだ芯子たちは、彼女の科研費について調べてみることを決めたのだった。

だが当の響は人当たりのいい女性で、怪しいとされた領収書もつじつまの合うものだった。また東京国立大学は優(岡田将生)の母校でもあった。

さっそく大学に向かった芯子たちは、響の親衛隊のような学生軍団「響ファイブ」に阻まれる。響ファイブ(菊田大輔、鈴木身来、永岡卓也、標永久、春日由輝)は、相当響に心酔しているのか、芯子たちに不遜な態度をとる。怪しいとされた領収書は研究のために響ファイブにバイト代として支払ったもので、この世界ではよくあることだという。

そんな芯子たちの前に、響の同僚・栗田(袴田吉彦)が現れ訴える。科研費は申請しても300分の1の研究者しか選ばず、なかなか自分たちにまわってこない。しかし、響教授には年3回も支払われているというのだ。その総額は3億円。さらに栗田は「遺伝子関連のベンチャー企業を調べてみろ」と芯子らに密告する。

課長補佐となった角松(大泉洋)のために、この案件で結果を出したい金田(桐谷健太)はさっそく調査に向かう。そのころ優は久留米(宇津井健)に呼び出されある料亭に向かっていた。そこには久留米となんと内閣総理大臣・樫永(伊武雅刀)がいた。
トップページ  |  15:50  |  ドラマのネタバレ

*All archives   *Admin