メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


ドラマ「LADY 第04話」ネタバレ・あらすじ

2011.01.29 (Sat)
翔子(北川景子)たちCPS(犯罪行動分析室)の面々は犯罪者のデータ収集目的として、死刑囚の巽聡史(柳楽優弥)と面談を行うことになる。巽は17歳の誕生日に初めて人を殺したのをきっかけに7人もの命を奪った凶悪殺人犯で、5年前の事件当時、日本中を震撼させた少年犯罪者だった。

面談は3回行う予定で、CPSのメンバーからその都度二人が会うことになり、1回目の面談はチーフの結城(木村多江)と翔子の二人が会い、寺田(要潤)と新堀(平岡祐太)は別室のモニターでの立会いとなる。

面談に現れた巽はIQ 140の天才と言われるだけあり、鋭い洞察力と高い思考力の持ち主で、自分のことをプロファイリングしようと質問してくる結城と翔子の二人を逆に翻弄する。

面談の前日に起こった殺人事件の犯人像のプロファイリングを披露してみせ、翔子たちを驚かせる。巽は終始自分のペースで面談を進め、自らを「生まれながらのモンスター」と言い放つと、一方的に面談を終わらせてしまい、更に去り際に「次は"92"、"73"だ」という言葉を残して立ち去ってしまう。翔子は巽が想像以上に手強い相手だと判りつつ、巽の心の闇を知りたいと、強い関心を抱く。

一方、柘植たちは巽が面談で話題にした殺人事件の捜査に当たっていたが、2件目の事件が起こり、CPSも捜査協力に加わった。
トップページ  |  13:47  |  ドラマのネタバレ

「示談交渉人 ゴタ消し 第04話」ネタバレ・あらすじ

2011.01.29 (Sat)
示談交渉人、白井虎次郎(西野亮廣)・通称 白虎は、占い師の麻生潔(品川祐)に騙し取られた100万円を取り戻して欲しいと水原和美(馬渕英俚可)から依頼される。麻生から大きな災いが降り掛かろうとしていると脅され、幸運を呼ぶ石を100万円で売りつけられた和美。だが、2日前、100円で売られている同じ石を雑貨店で見つけた和美は騙された事に気付いて返金を要求。だが、麻生は霊気を込めた石だと主張して返金を拒否したという。

彩乃は麻生の化けの皮を剥ぐため、実際に自分が占ってもらうことになった。占い後、彩乃は麻生に性格や将来の夢を言い当てられた事を白虎に報告。占いの様子を聞いた白虎は麻生が、客に無意識の内に自分を語らせ情報を引き出す、コールドリーディングというテクニックを使い、彩乃の深層心理を読み取っていた事を見抜く。
 
白虎と彩乃は和美のアパートを訪ねる。奥の部屋では母親が寝込んでいた。和美は騙し取られた100万円は、狭心症の母親に何かあった時の為に貯めていたお金だった。和美は最初に石の欠片を1万円で買っていた。その帰りに和美は車に轢かれそうになり、偶然通りかかった男性に助けてもらったという。和美は石のおかげで助かったと思い込み、100万円の石を買えば母親の病気も治ると信じ込んだことを明かす。
 
白虎は和美がタイミングよく轢かれそうになったことを不審に思い、再び麻生の占いの様子を探ることになった。麻生は客の清水唱子に、和美と同じように石の欠片を1万円で売りつける。麻生と別れた唱子はチンピラ風の若者たちに絡まれ、通りかかった男性に助けてもらう。彩乃はその光景をビデオカメラで撮影する。
 
後日、和美は足を引きずりながらバーにやってくる。和美は階段で何者かに背中を押され、足をケガしたという。そんな和美に撮影したビデオ映像を見せる白虎。和美は唱子を助けた男性と自分を助けた男性が同一人物ということに気付く。その男性は佐川義彦というプロの詐欺師。白虎は佐川が唱子を襲った連中と合流し、金を渡していたと和美に報告。全ては麻生が石の力を信じ込ませるために仕組んだ罠だった。麻生は身内に病気やトラブルを抱えている客に狙いを定めて石を売りつけていたのだ。
トップページ  |  13:28  |  ドラマのネタバレ

*All archives   *Admin