メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


「LOOPER ルーパー」あらすじ・ネタバレ

2013.01.14 (Mon)
2074年、タイムマシンが開発された。その30年前の2044年に、「LOOPER ルーパー」たちは存在する。彼らは、2074年から送り込まれ、殺人を請け負う殺し屋を担っている。

2074年、全ての人間にはナノマシンが注入され、司法に死亡日時が発信される。犯罪組織はそれを避けるため、抹殺するターゲットをタイムマシンが開発される以前の2044年に送り、殺害する。

ルーパーたちは、30年後の未来から所定の場所に転送されてきたターゲットを即座に射殺する。彼らの元へは、指定された日時にターゲットたちが送り込まれてくる。その中には、未来の自分が送り込まれてくることもある。報酬はターゲットと一緒に運ばれる銀である。だが、ターゲットが未来の自分自身の場合は金となる。そこから30年後、彼らは処刑される運命にあることを悟る。

腕利きのルーパーであるジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の元に、ある男(ブルース・ウィリス)が転送されてきた。いつものようにすぐさま仕事を片づけるつもりだったが、男が30年後の自分自身であることに気付いてしまう。

ジョーが躊躇した隙をついて、未来のジョー(オールド・ジョー:ブルース・ウィリス)は街へ逃走する。仕事を完遂しないと自分が殺されるため、過去にいるジョー(ヤング・ジョー:ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は追跡を開始する。ヤング・ジョーは、オールド・ジョーの「列車に乗り、逃げろ」というメッセージを無視し、自室へ戻る。そこは、組織のメンバーが見張っており、ヤング・ジョーは襲撃を受ける。オールド・ジョーは、ヤング・ジョーを助け、再び逃がそうとするが、それを拒否する。自分自身の腕に馴染みの店の店員の名前を傷つけ、オールド・ジョーを呼び寄せる。
トップページ  |  22:19  |  映画のネタバレ

「象の背中」ネタバレ・あらすじ

2013.01.05 (Sat)
48歳の中堅不動産会社部長・藤山幸弘(役所広司)は、妻・美和子(今井美樹)と2人のしっかり者の子ども俊介(塩谷瞬)と、はるか(南沢奈央)との幸せな家族4人暮らし。会社での地位も得て、順風満帆に思えた生活は、突然の「末期肺癌、余命半年」の宣告で一変する。

宣告を受け、藤山が選択したのは、延命治療ではなく「死ぬまで生きる」決意をし、大切な人たちに見守られて死ぬことだった。大学生の長男・俊介の他、若いコピーライターの愛人・青木悦子(井川遥)に自分が癌であることを真っ先に告げ弱音を吐くが、23年間連れ添った妻・美和子と高校生の長女・はるかには余命の宣告の事実を告げないことを決める。

藤山は、残された時間に今まで出会った大切な人たちと直接会って、自分なりの別れを告げようと決意する。思いを伝えられなかった初恋の相手(手塚理美)は、幸弘を覚えてはいなかった。喧嘩別れした高校時代の親友(高橋克実)は、家業の酒屋を継いで元気に働いていた。たまたま病院で顔を合わせた取引先の元社長(笹野高史)は、幸弘の勤め先によって倒産に追い込まれた怒りを忘れてはいなかった。絶縁していた兄(岸部一徳)は、温かく幸弘を受け入れてくれた。

病魔は確実に肉体を蝕んでいた。その気配を、娘のはるか(南沢奈央)は敏感に悟る。やがて、会社内で倒れたことによって、幸弘の病名も明らかになる。事実を隠していたことにショックを受ける美和子だが、死期を悟った象とは正反対に、「今」を生き抜こうとする夫を、妻は懸命に支えることを決意する。
トップページ  |  12:04  |  映画のネタバレ

*All archives   *Admin