メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


「釣りバカ日誌20ファイナル」あらすじ・ネタバレ

2013.11.28 (Thu)
・監督:朝原雄三
・脚本:山田洋次、朝原雄三

起:鈴木建設に倒産の危機


リストラに倒産…不況の波は一流ゼネコン・鈴木建設にも押し寄せていた。近年の業績悪化の中で、スーさんこと鈴木一之助(三國連太郎)は会長としての責任を感じ、業績が回復するまで無期限で給料を全額返還すると申し出て、堀田社長(鶴田忍)や秋山専務(加藤武)ら役員たちを驚かせる。

その噂は社内外に広まり大騒ぎ。常にマイペースの万年ヒラ社員、ハマちゃんこと浜崎伝助(西田敏行)も、妻・みち子(浅田美代子)からはっぱをかけられ、スーさんのために人肌脱ごうと奮起、得意の釣り人脈から思いがけない大型受注に見事成功する。

承:会長賞のご褒美


ハマちゃんは会長賞を貰い、スーさんいきつけの小料理屋に招待される。そこで、美人女将、沢村葉子(松坂慶子)やその娘、裕美(吹石一恵)と出会う。女将・沢村葉子は、スーさんの亡き親友の娘だという。

会社の経営状況や自身の老後、財産分与問題など、悩み多きスーさんにとって、優しく労わってくれる葉子やその娘の裕美(吹石一恵)が、実の娘や孫以上に可愛く思えるのだった。そんな中、会長賞のご褒美“釣り休暇”によって堂々と会社を休めることになったハマちゃんは、スーさんと共に久々に釣り旅行に出かける。
トップページ  |  07:30  |  映画のネタバレ

リーガルハイ season2 第08話 「世界に誇る自然遺産を守れ!!住民訴訟驚きの真実」

2013.11.27 (Wed)

起:奥蟹頭の開発問題


古美門研介(堺雅人)を訪ねて、黛真知子(新垣結衣)と羽生晴樹(岡田将生)が来る。黛と羽生は『NEXUS』で受けた案件の共同弁護を古美門に頼みに来たのだ。古美門は、即座に断るのだがすでに服部(里見浩太朗)は黛たちについて行くことになっているらしい。ひとり残されるのがイヤな古美門は、しぶしぶ同行することにした。

NEXUSが受けたのは、奥蟹頭にある“おざおざの森”を世界財産に推奨する地元住民と反対派の訴訟。黛と羽生は、推奨派の赤松鈴子(角替和枝)たちの依頼だった。

鈴子の案内で、反対派に会いに行く黛たち。反対派の代表は、赤松麻里奈(遠野なぎこ)。同姓の鈴子と麻里奈には、何か因縁がありそう。だが、それより先に波乱を起こしたのが古美門。なんと、古美門は麻里奈の代理人になっていたのだ。世界財産に登録を行う推進派に対抗し、麻里奈は燃料廃棄物処理場を誘致する土地開発推進派であった。土地開発が行われた場合、麻里奈にはカネが入る。そのカネで麻里奈は古美門に対する多額な弁護依頼料を払うというのだった。

承:別府裁判長の登場


地方の小さな簡易裁判所で双方の調停が始まる。早くも火花を散らそうとする古美門と、黛&羽生たち。ところが、調停員たちと一緒に現れたのは別府敏子(広末涼子)だった。驚く古美門たち。

別府本人によると、この地への異動が決まったばかりらしい。だが、性格は相変わらず。古美門どころか、黛たち『NEXUS』チームにも厳しい“別府ルール”が適用されてしまう。しかも、古美門たちには難解な奥蟹頭弁も、別府はしっかり理解している様子。さらに、別府の希望で、古美門たちは“おざおざの森”に現場検証に向かうことになる。
トップページ  |  22:52  |  ドラマのネタバレ

*All archives   *Admin