メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」あらすじ・ネタバレ

2014.02.26 (Wed)
2014年2月22日公開
・監督:ジェフ・ワドロウ
・脚本:ジェフ・ワドロウ
・原作:マーク・ミラー 、 ジョン・S・ロミタ・Jr

簡単に説明すると…
1) デイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)はキック・アスとして活躍することをやめていたが、再び活動を始める。
2) レッド・ミスト(クリストファー・ミンツ=プラッセ)らが、悪党軍団を結成し、デイヴはヒット・ガールとともに、彼らへ対抗する。
3) ヒット・ガールは再びキック・アスと活動を行うことを決める。

前作あらすじ:「キック・アス」あらすじ・ネタバレ

起:ジャスティス・フォーエバー結成

デイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)はキック・アスというヒーローの姿を捨て、平凡な学園生活を送っていた。

しかし、卒業を間近に控え、将来の夢を見つけることができずにいた彼は、世界初のスーパーヒーロー軍団を作り、街の平和を守ろうと決意する。

そんな中、キック・アスの活躍に触発された元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)と出会ったデイヴは、ヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成する。

承:キック・アスの決意

キック・アスに殺された父親の復讐を果たすため、レッド・ミストがマザー・ファッカー(クリストファー・ミンツ=プラッセ)と名を改め、悪党軍団を引き連れて姿を現す。

レッド・ミストら悪党軍団は、ストライプス大佐を殺害し、デイヴの父も殺害する。彼らに立ち向かうべく、さらなる鍛錬を積み、新たな正義を誓うキック・アス。
トップページ  |  14:57  |  映画のネタバレ

「プリンセスと魔法のキス」あらすじ・ネタバレ

2014.02.26 (Wed)
2010年3月6日公開
・監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
・脚本:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ、ロブ・エドワーズ

簡単に説明すると…
1) ウェイトレスのティアナは、富豪の娘シャーロットのパーティーに参加する。そこで、魔法でカエルの姿にされた王子ナヴィーンがいた。
2) ナヴィーンは、プリンセスにキスをされると人に戻れると言い、プリンセスのドレスを着ていたティアナにキスを頼む。ティアナがキスをすると、彼女もカエルになってしまった。
3) ナヴィーンは、ティアナに恋をし、結婚することを決める。プリンセスとなったティアナにキスをされ、ナヴィーンとティアナは人に戻る。2人はレストランを開き、多くのお客の笑顔に支えられて暮らしていくのだった。

起:ティアナの夢

アメリカ・ニューオリンズでウェイトレスをしているティアナ(声:アニカ・ノニ・ローズ)は、死んだ父との夢だった自分のレストランを持つことを目指して懸命に働いている。

ある日、幼なじみの富豪の娘シャーロット(ジェニファー・コーディ)の家で、仮装舞踏会が開かれる。シャーロットがプリンセス役を務めることになり、喜んでいた。ティアナは、得意料理のベニエを振舞うよう頼まれる。そのパーティーには、マルドニア王国の王子ナヴィーン(ブルーノ・カンポス)が参加することになっていた。

承:カエルになったティアナ

ナヴィーンは甘やかされて育ち、仕事もせずに遊び呆けていたので親に勘当され、一文無しだった。彼は音楽で溢れるニューオリンズを訪れ、富豪の娘と結婚することを望んでいた。

しかし、魔術師のドクター・ファシリエ(キース・デイヴィッド)が呪いをかけ、カエルに姿を変える。さらに、付き人のローレンス(ピーター・パートレット)を王子に変えてしまう。カエルとなったナヴィーンは、ティアナに「呪いはプリンセスのキスによって解ける」と告げる。
トップページ  |  14:19  |  映画のネタバレ

*All archives   *Admin