メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


チーム・バチスタ4螺鈿迷宮 第11話最終回 あらすじ・ネタバレ

2014.03.18 (Tue)
簡単に説明すると…
1) 白鳥は、螺鈿の部屋で行われていた安楽死のカラクリを説明し、巌雄に証拠を突きつける。キセノンガスで眠らせた患者を、筋弛緩薬で死亡させていたのだった。
2) 全ての終わりを悟った巌雄は、螺鈿の部屋に火を放つ。その場には華緒と葵がいた。すみれは火災に巻き込まれ、東城医大に運ばれる。
3) 一方、小百合は安楽死を自供し、逮捕される。かくして碧翠院の秘密は暴かれ、白鳥の調査は終わりを告げた。

起:「螺鈿の部屋」の真実


長野の放射線科医・立花(宅間孝行)と碧翠院の放射線技師・戸山(渡部豪太)を殺害した犯人が、桜宮華緒(相築あきこ)であると明らかになる一方で、碧翠院の患者が皆、不自然なほど穏やかな最期を迎えることに違和感を覚えていた田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)。

院長の巌雄(柳葉敏郎)が安楽死を行っているのではと疑いを抱き、田口は看取りに立ち会うが、不審な点は何一つ見つからずにいた。

そんな中、亡くなった患者のAi(死亡時画像診断)画像を見ていた白鳥は、ついに「螺鈿の部屋」で行われている看取りの"からくり"に気付く。巌雄に、白鳥は加賀の遺体のAi画像を証拠として突きつける。

まず、「螺鈿の部屋」に入った全患者が、安らかな表情であったということに疑問を持った白鳥。そのあまりにも"理想的過ぎる死"が、どのように作り出されてるのか…酸素マスクから出されているのが、酸素ではなく別のガスだったら、と白鳥は考えたのだった。

Dual Source CTによるDual Energy Imaging(注:物質の減弱がX線の平均エネルギーによって異なることを利用した画像化の手法。それぞれの組織[骨、造影剤、脂肪、軟部組織など]や物質などが、よりはっきりとしたコントラストで画像化できる)で撮影されたAiの頭部・胸部CT画像で、頭部及び胸部に、キセノンガスが充満していることが発見される。キセノンガスは、麻酔効果もある。これこそが、安楽死のトリックの1つだったのだ。

全容としては、まず「螺鈿の部屋」の酸素マスクは、酸素とキセノンガスの両方が供給できるようになっている。そのスイッチは巌雄医師の足元にあり、切り替えることができる。麻酔効果が効き始めたところで筋弛緩薬で投与される。キセノンガスは、解剖すれば胸腔内から揮発してしまい、証拠は残らない。だが、Ai画像がその証拠をとらえたのだった。

承:解錠された螺鈿の部屋


巌雄医師は、「患者を解放したかった。罪ではあるとわかっているが、恐怖の淵にいる患者を救いたかった」と自白する。さらに、「娘たちは何もしらない」と庇うが、すみれは「知っていたけど、反対だった。…でも、他に何ができる?螺鈿の部屋での看取り以上に、私は何ができる?だから黙っていた」と語る。

白鳥は全てを明るみにし、患者を「螺鈿の部屋」から救出しようとする。「螺鈿の部屋」では、既に美智(左時枝)が最期の時を迎えようとしていた。そこで田口と白鳥の動きに気付いた小百合(水野美紀)は、部屋の内側から鍵をかけてしまう。

「巌雄医師が、安楽死を認めた。この部屋での看取りは、二度とできない」と言う白鳥に、小百合は「美智さんが望むなら、約束を果たします」と訊く。「残り短い命、自分の好きなようにしたいじゃないか」と、安楽死を美智は望む。

だが、田口は「一日でも長くあがいて、好きなことをして…お孫さんに会って、娘さんと和解して…残された時間は、この世の大切な人たちとお別れするための時間なんじゃないですか」と説得する。美智は、「ムリだろうけど…孫の小学校の卒業式を見てみたい」と胸の内を明かす。その言葉により、小百合は「螺鈿の部屋」を解錠する。

美智は巌雄医師に、「あなたのお陰で死の怖さが減った。こうして今まで生きてこれた…誰がなんと言おうと、私たちにとって最高の先生だ」と感謝する。
トップページ  |  23:10  |  ドラマのネタバレ

福家警部補の挨拶 第10話「少女の沈黙」あらすじ・ネタバレ

2014.03.18 (Tue)
簡単に説明すると…
1) 菅村巽(岩城滉一)は、かつて菅村組三代目組長の婿養子に入り、四代目組長となった。だが、妻を失い、組は解散することとなる。そんな四代目を利用し、組を復権させようとする元若頭の遠藤次郎(デビット伊東)は、菅村の娘を誘拐し、組を復活させようとした。だが、菅村は遠藤を殺害。遠藤とつながる組員・金沢ともども殺害し、仲間割れしたようにみせかけた。
2) 監禁された場所で、目も耳も塞がれていた娘が、現場を見ていないと思っていた菅村。だが、実は目隠しがかすかに外れて、見えていたのだった。父親を庇うため、比奈は沈黙を貫いていた。
3) さらに、比奈は父親を庇うため、凶器に自らの指紋をつけた(実際は手袋をしていたため、菅村の指紋はついていないが、比奈の視界はそこまで見えていなかった)。菅村は比奈を守っているつもりで、沈黙を強いていただけだ、と福家は告げる。凶器の柄についてダイヤの跡、それは菅村の時計のダイヤがつけたものだった。それが決め手となり、菅村は逮捕される。

起:菅村の決意


菅村巽(岩城滉一)は、かつて菅村組三代目組長の婿養子として四代目組長を務めていた。だが、三代目の娘でもある自身の妻を組同士の抗争に巻き込まれ失ってしまう。娘を失った三代目は組を解散することを決定。その言葉に忠実に従い菅村は組をたたみ、警備会社をたちあげ組員たちを社員として働かせて1年が経とうとしていた。

しかし、そんな四代目を不甲斐なく思った元組員たちがいた。そのうちの1人、元若頭の遠藤次郎(デビット伊東)は組の復活という要求を菅村に飲ませるために菅村の長女、菅村比奈(吉田里琴)を誘拐。しかし、遠藤の本当の狙いは組復活によってクスリの販売ルートを確保することだった。

菅村は娘とカタギとなった元組員たちを守るため、ある手段をとることを決意する。菅村は遠藤とつながる元組員金沢肇(米村亮太朗)を利用した。遠藤の腹部に、金沢から借りていた刃物を突き立て、殺害する。そして金沢に刃物を抜かせ、さらに金沢自身も始末した。

菅村は、誘拐犯たちが仲間割れにより起こした殺害事件と見せかけることを計画していたのだった。だが、菅村がふと気が付くと、監禁されていた娘の比奈が殺害現場に立ち尽くしていた。比奈は目隠しをされていたため、菅村は、自分と悟られることはないだろうと判断し、比奈をそのままにして菅村は立ち去る。

比奈は目も耳も塞がれ、遺体のそばに立っていた。そこを近くを通りかかった警備員が巡回にきて、比奈を発見。彼女は入院することとなった。

承:比奈の沈黙

 
現場にいつものように駆けつける福家警部補(檀れい)。すると、石松和夫警部(稲垣吾郎)はいつものように制止することなく福家に事件の担当を命じる。というのも田所勉警部補(中本賢)が凄惨を極める事件現場を正視することもできない状況だったからだ。

悲惨な状況に福家は一切動じることがない。そんな福家の様子を見るにつけ、石松は彼女の過去に何があったのかを探らずにはいられないのだった。

福家は、比奈の入院する病室を訪れる。とまどう菅村の傍らで、ちょうど比奈は目を覚ます。病室を出たところで、福家は事情聴取を行う。菅村は、「警察を信用していないものでね。五千万円払えば娘が帰ってくるなら、払おうと思った」と告げる。また、福家は、遠藤の傍らにあった凶器から、比奈の指紋が検出されたことを菅村に話すと、菅村はその事実を知らず、驚く。
トップページ  |  21:53  |  ドラマのネタバレ

*All archives   *Admin