メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


「プロデューサーズ」あらすじ・ネタバレ

2014.05.21 (Wed)
・監督:スーザン・ストローマン
・脚本:メル・ブルックス、トーマス・ミーハン
・製作:メル・ブルックス、ジョナサン・サンガー、エイミー・ハーマン

簡単に説明すると…
1) 落ち目の演劇プロデューサーマックス・ビアリストック(ネイサン・レイン)は、会計士レオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)とともに、ある計画を思いつく。
2) その計画とは、大コケのミュージカルを公演し、制作費を持ち逃げするという詐欺だった。
3) だが、計画に反してミュージカルは成功。それで詐欺の計画があかるみとなり、マックスは逮捕される。レオは一度は逃げたが、裁判の日に現れ、2人とも逮捕される。刑務所に収監されるが、2人は刑期を終え、再びミュージカルの世界に戻り、成功をおさめる。

起:マックスの計画

1959年、ニューヨークに暮らすマックス・ビアリストック(ネイサン・レイン)は、演劇プロデューサー。だが、実際は老婦人たちから小切手をせびり、落ち目の日々を送っている。そんな彼のオフィスに、小心者の会計士レオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)がやってくる。

彼が帳簿を調べる中で、マックスは、一晩で大コケする史上最低のミュージカルを作って、その製作費を持ち逃げするアイデアを思いつく。

承:ミュージカルの始まり

最初は、詐欺罪を恐れていたレオだったが、憧れの演劇プロデューサーになる夢をかなえるチャンスだと思い直し、マックスとコンビを組むことを承諾する。

まず、史上最低の脚本を探し始めた2人は、ナチス信奉者のドイツ移民、フランツ(ウィル・フェレル)の書いた『春の日のヒトラー』を採用する。次は史上最低の演出家として、ゲイのロジャー(ゲイリー・ビーチ)とアシスタントのカルメン(ロジャー・バート)を口説き落とす。

さらに、マックスとレオのオフィスにスウェーデン娘のウーラ(ユマ・サーマン)が現れ、女優兼秘書として雇う。やがて、思いがけずウーラと恋に落ちてしまうレオ。そして資金も集まり、『春の日のヒトラー』の初日がやってくる。
トップページ  |  15:59  |  映画のネタバレ

「バイオハザードIII」あらすじ・ネタバレ

2014.05.20 (Tue)
簡単に説明すると…
1) T-ウイルスが蔓延した世界。アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、旅を続けていた。
2) その彼女を探すのは、アイザックス博士。実験のため、オリジナルのアリスの血液が必要だったのだ。
3) アリスは、アンデッド化したアイザックス博士を倒し、クローン・アリスを自ら量産し、日本にいるアンブレラ社の構成員たちとの最後の闘いに臨もうとしていた。

起:アリスの旅

T-ウイルスが蔓延し、ゾンビ化を免れた人々は、残された食料、ガソリンなどを求め、大都市を避け小さい村を点々としていた。地上のほとんどの土地が砂漠化し、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は監視衛星の追跡を避けながらオートバイで旅をしていた。

一方、生き残ったカルロス(オデット・フェール)やL.J.(マイク・エップス)は、新たな仲間と武装車団を組み、安息の場所を求めて放浪を続けていた。

承:アイザックス博士の追跡

すべての元凶であるアンブレラ社は拠点を地下に移し、アイザックス博士(イアン・グレン)による「アリス計画」を進めていた。これは、クローン化したアリスのDNAから対アンデッド用の血清を抽出するという実験だったが、そのためはアリスのオリジナルの血液が必要だった。

アリスの消息を追い求めるアイザックス博士。カルロスたちは砂漠のモーテルにたどりつき、一夜を明かす。

しかし翌朝、彼らに襲いかかるのはアンデッド化したカラスの大群だった。そこに、強力なパワーを身に付けたアリスが現れる。テレキネシスでカラスたちを一掃するアリスだが、力尽きてその場で倒れる。
トップページ  |  17:53  |  映画のネタバレ

*All archives   *Admin