メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


HERO season2 第8話 あらすじ・ネタバレ

2014.09.01 (Mon)
簡単に説明すると…
1) 城西支部に、「敵対組織の幹部を襲撃した」と出頭した権藤明(池内博之)の事件を久利生公平(木村拓哉)が担当した。だが、権藤のあまりに流暢な供述に、久利生は疑問を抱く。
2) 久利生は、「権藤は身代わりで出頭したのではないか」と考える。顧問弁護士や組員の圧力があったが、久利生は起訴しようとしない。
3) 久利生は、権藤を不起訴とし、釈放する。新たな証言者の登場により、真犯人の正体が判明し、刑事は真犯人を追っていることを久利生に伝えた。

起:被疑者と弁護士


城西支部に、「敵対組織を襲撃して殺害した」と、警察に出頭した被疑者が送致される。面倒に巻き込まれることを他の検事たちが敬遠したため、久利生公平(木村拓哉)が担当となった。

被疑者・権藤明(池内博之)の到着より先に、城西支部を小此木誠(鶴見辰吾)という弁護士が訪ねてきた。小此木は川藤組の顧問弁護士・権藤の弁護人だった。小此木は、久利生に「速やかに検察での取り調べを終わらせて欲しい」と促す。そんな時、権藤が警察官とともに現れた。

帰ろうとした小此木は、宇野大介(濱田岳)、末次隆之(小日向文世)と会う。すると小此木が宇野に声をかけた。小此木と言葉を交わす宇野に、末次は関係を尋ねる。宇野は、「小此木さんは、自分が司法修習生の時の先生だった」と末次に答えた。

承:身代わりの可能性


久利生による権藤の取り調べが始まり、権堂はよどみなく事件の経緯を語る。久利生は、「誰かの身代わりではないか」と疑問を持った。久利生は麻木千佳(北川景子)と一緒に警察署に向かい、担当した警察官(マキタスポーツ)に、「権藤は身代わりではないか?」と尋ねると、警察官はあっさりうなずいた。真犯人は、プロのヒットマンで捕まるはずはない、と警察官はにべもない返事だった。

宇野は再会した小此木と飲みに行く。そこで宇野は、なぜ小此木が組の顧問になったのかと問う。すると、小此木は弁護士の正当性を説き、検事の正義を否定した。

久利生は、権藤への取り調べを続けるが、権藤は身代わりであることを認めようとしない。「背部を撃ち、公園内の池に落ちた。池の中で仰向けになったところ、胸を撃った」と詳細に権藤はレクチャーを受けていた。検証するため、久利生と千佳は、事件現場へと赴く。
トップページ  |  21:54  |  ドラマのネタバレ

「イントゥ・ザ・ストーム」あらすじ・ネタバレ

2014.09.01 (Mon)
・監督:スティーヴン・クエイル
・脚本:ジョン・スウェットナム
・製作:トッド・ガーナー

簡単に説明すると…
1) アメリカ中西部シルバートンの町に、巨大竜巻が襲来。その映像を収めようと、撮影チームであるタイタス・チームが訪れていた。一方、シルバートン高校の教頭・ゲイリー・モリスは、騒動の中、行方不明となった息子であり同校の生徒・ドニーを探し回る。
2) ドニーは、廃工場で卒業記念のVTRを女生徒と撮影していた。そこで竜巻に巻き込まれてしまった。ドニーからのメッセージを手がかりにゲイリーは廃工場へやってきて、ドニーは九死に一生を得る。
3) タイタス・チームのリーダー・ピートは、さらなる超巨大竜巻に巻き込まれて死亡してしまう。ゲイリーらは住民たちを避難させ、自分たちも何とか難を逃れ、町民たちとともに無事を喜ぶのだった。

起:巨大竜巻発生

アメリカ中西部シルバートンの町に、巨大竜巻が襲来しようとしていた。竜巻を追って観測する研究者(ストーム・チェイサー)のタイタス・チームたちは、観測のためにあえて竜巻の渦に向かっていく。

チームのメンバーは、リーダーのピート(マット・ウォルシュ)、ルーカス(リー・ウィテカー)、気象学者アリソン・ストーン(サラ・ウェイン・キャリーズ)であった。

タイタス・チームはシルバートンに到着。すると、狙っていた大物竜巻は消散してしまう。ところが、突如としてシルバートンの町が嵐となって雹が降り始め、竜巻も出現する。
タイタスチームが撮影をしていると、その竜巻は卒業式の準備を行っているシルバートン高校へと向かっていた。突如襲ってきた竜巻により、校長・教頭や教師、生徒や父兄たちは逃げ惑う。

承:取り残されたドニーたち

一方、教頭・ゲイリー・モリス(リチャード・アーミティッジ)の長男で、同校の生徒・ドニー(マックス・ディーコン)は、25年後に開いて見るためのタイムカプセル用ビデオの作成のため、密かに憧れるケイトリン(アリシア・デブナム=ケアリー)を廃工場に連れてきていた。

ところが、そこに竜巻が突如として襲い、工場は崩れ落ちる。ゲイリーは息子・ドニーを探しまわり、タイタス・チームのメンバーを救ったことから、行動をともにすることとなる。

ドニーは、脚を負傷したケイトリンに応急処置をしつつ、母親のことを語る。母親は幼い兄弟を残して去り、和解しない内に事故死しているのだという。以後、兄弟は父親との関係にも溝を生じていた。

その頃、水道管が破裂し、廃工場に水が注ぎ込まれる。ドニーは父親に助けを求めるが、電話は不通となる。
トップページ  |  17:14  |  映画のネタバレ

*All archives   *Admin