メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


ドラマ「すべてがFになる」第5・6話「すべてがFになる」ネタバレ・あらすじ

2014.11.17 (Mon)
登場人物

犀川創平(綾野剛):国立N大学建築学部の助教授。
西之園萌絵(武井咲):国立N大学前学長の娘で、犀川の教え子。
真賀田四季(早見あかり):天才プログラマで幼少より世間の耳目を集めるが、両親を殺害した罪により、真賀田研究所内に隔離されている。
新藤清二:真賀田研究所所長、四季の叔父。
山根幸弘:真賀田研究所副所長。

簡単に説明すると…
1) 真賀田四季と思しき四肢を切断され、ウェディングドレスを着た死体が隔離部屋から出現。だが、これは実は四季の密かに産んだ娘・ミチルの遺体だった。
2) 四季は、ミチルの成長にともない、密かに入れ替わった。四季はミチルに自身を殺害させ、新藤所長の協力のもと、秘密裏に脱出させようとしていたが、ミチルはその計画を拒否。仕方なく四季は、ミチルを殺害させ、自身の遺体と偽装した。
3) 四季と新藤は叔父と姪ながら関係を持ち、妊娠。ミチルの父親は、新藤だった。激怒する両親を、新藤は殺害。こうした背景があったため、新藤は四季に協力したのだった。
起:天才プログラマ・真賀田四季

西之園萌絵(武井咲)と犀川創平(綾野剛)は、ゼミ旅行と称して真賀田四季(早見あかり)の研究所がある島へやってくる。

15年前、当時14歳だった四季は両親を殺害した容疑で裁判にかけられるが、心神喪失が認められ無罪となっていた。9歳でアメリカの大学に入学し11歳で博士号を取得、12歳でIT企業の主任エンジニアとなるなど、天才プログラマーとしてその名を馳せた四季の事件は、世間を大きく騒がせた。以来、四季は研究所に籠り、一度も外出していないという。

承:ウェディングドレスの死体

特別な許可を得て研究所を訪ねた萌絵と犀川は、不在の所長・新藤清二(冨家規政)に代わり副所長の山根幸宏(利重剛)から最新鋭の管理システムについて説明を受ける。そこへ、四季からの緊急コールが入った。地下にいる四季の部屋へと駆けだした山根に続き、萌絵と犀川も走り出した。

四季の部屋の前室は、警報音が鳴り響きパニック状態に陥っていた。部屋に入りたいが、システムエラーで扉が開かないという。そこへ、清二の妻で四季の叔母の新藤裕見子(藤吉久美子)が現われる。扉を壊して進入するしかないと言うスタッフに、裕見子は清二の許可がいると躊躇する。

そのとき、警報音が止んで照明が明滅し始める。主任プログラマーの島田文子(山田真歩)が確認するが原因はわからない。すると今度は、ロックが自動で解除されゆっくりと扉が開き始めた。暗闇の中、萌絵らが目を凝らすと、ウエディングドレスのような白い服を着た人影が出てきた。四季と考えられたその遺体は、四肢を切断された上、移動式の機械に乗せられていた。

殺人事件で騒然とする中、新藤清二藤所長がヘリコプターでやってきた。新藤は1人の女性を連れてきており、四季の妹・真賀田未来と紹介された。その直後に新藤までもが殺害され、副所長の山根も謎の死を遂げる。
トップページ  |  17:42  |  ドラマのネタバレ

*All archives   *Admin