メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」あらすじ・ネタバレ

2015.03.26 (Thu)

簡単なあらすじ


1) 女子大生・神崎直(戸田恵梨香)は、巨額のマネーを賭けて騙し合う謎のゲーム「ライアーゲーム」に巻き込まれる。だが、天才詐欺師・秋山深一(松田翔太)の力を借り、最終ステージにまで残る。
2) 松山は、プレイヤーXの罠により、途中で10億円の負債を負って失格となるが、ヨコヤノリヒコ(鈴木一真)の助けにより、再挑戦できた。
3) プレイヤーXの正体である仙道アラタ(田辺誠一)を倒し、松山はファイナルステージで優勝し、巨額の優勝賞金を得る。直も、負債を負うことなく無事に自宅に帰ることができたのだった。

起:ファイナルステージ


女子大生・神崎直(戸田恵梨香)は、巨額のマネーを賭けて騙し合う謎のゲーム「ライアーゲーム」に巻き込まれてしまう。だが、天才詐欺師・秋山深一(松田翔太)の力を借りて、次々と難題をクリアし、なんとか決勝戦までたどり着く。

ふたりが挑むファイナルステージは、失われた楽園の名を冠する禁断のゲーム「エデンの園ゲーム」だった。優勝賞金は50億。プレイヤー全員が互いに信頼し合い、協力すれば、参加者11名全員がゲームに勝つことができるという。だが、決勝進出者の中には最強の刺客プレイヤーXが姿を潜めていた。

「エデンの園」ゲームでは、金色、銀色、赤色のリンゴの内1個を、焼印で記銘して投票する。これを13回繰り返すのだが、各回、全員が赤いリンゴを入れれば、各人1億円が手に入る。「互いに信頼し合い、協力する」ことができれば、誰も脱落せず、大金が得られるわけだ。

金か銀のリンゴに投票したものがいた場合、赤いリンゴを入れたものは、マイナス1億円となる。金か銀に入れたものは、1億円が手に入る。さらに、誰も赤リンゴに投票しない場合には、金と銀にそれぞれ投票した人数が多い方が勝利となる。こうしたルールのゲームが、ファイナルステージでは行われるのだった。

承:フクナガの裏切り


「バカ正直」な直は、「全員が赤いリンゴに入れれば、毎回1億円ずつ手に入り、優勝賞金の50億円は手に入らないが、負債を背負い込むことなく、ゲームを終えられる」と、提案する。

だが、第1ゲームの結果、赤いリンゴを入れない者が既に現れていた。さらには、第2ゲームでは、フクナガ(鈴木浩介)が、赤いリンゴ以外で多数派となり、ゲームに勝利することを提案する。だが、フクナガの裏切りにより直と松山は負けてしまう。

さらに、ゲーム終了後に、カネを圧倒的に持っている「富豪」がいることが明かされる。誰がプレイヤーXなのか、富豪なのか、互いに疑心暗鬼になる中、秋山のサポートにより、直はポイントを取り返す。
トップページ  |  06:00  |  映画のネタバレ

「残念な夫。」最終回 第10話あらすじ・ネタバレ

2015.03.25 (Wed)

簡単なあらすじ


1) 榛野陽一(玉木宏)は調停で、知里(倉科カナ)の要求を全て認め、離婚に応じる。だが、知里はなかなか離婚届を提出することができなかった。一方、陽一は華の父親として恥ずかしくないよう、自らを変えようとする。
2) 知里は、陽一の設計したモデルルームを訪れ、そこで陽一の妻や子への思いを改めて知る。そこで、陽一の見方が少し変わったのだった。
3) 陽一は、知里の実家を訪れ、父親として家族のために努力をすると誓う。知里もまた、思いやりがなかったことを謝り、3人での生活に戻る。

起:離婚調停終了


榛野陽一(玉木宏)は調停で、知里(倉科カナ)の要求を全て認め、慰謝料・養育費を払わない代わりに、養育権の放棄の上、離婚に同意した。最終的な離婚届の提出も、知里に任せることも承諾した。

新潟の実家に戻った知里は、父の牧田仁輔(石倉三郎)、母の京子(角替和枝)に本当にこれでよかったのかと心配される。うなずく知里だが、離婚届を目の前に、まだどこか迷っていた。

承:かおりの告白


知里との離婚の引き金となった陽一の浮気相手・大石かおり(笛木優子)がヘッドハンティングで会社を辞めるという。陽一が挨拶に行くと、かおりは知里と会ったと意外なことを話し出した。実は、かおりは知里に会っていたのだった。

「陽一は、大事な夫、大事な父親なんです。私たちの大事なあの人を、軽く扱うのはやめてください」と、必死に家族を守ろうとする知里の姿に、陽一を諦めたと続けるかおり。「それなのに離婚とは…」と、かおりは言い出す。家を出る直前まで、知里は家を必死に守ろうとしていたのだと陽一は知る。

細井家では、美香(生田絵梨花)のピアノコンクールが一週間後に迫っており、父・茂は落ち着かない様子だった。一方、美和子(大塚寧々)は知里に会うため新潟に向かう。やんわりと離婚を思いとどまらせようとする美和子だが、知里の陽一への幻滅は重かった。その頃、陽一は今までの自分を変えようと必死になっていた。

自分の非を全て認め、離婚にも同意の上で、「娘の華に恥じることのない父親になる」と陽一は決意する。陽一は、大事にしていたNBAグッズを売り払い、華のための養育費を取り戻そうとする。
トップページ  |  22:54  |  ドラマのネタバレ

*All archives   *Admin