メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ
サイトトップ映画のネタバレ ≫ 「Saw(ソウ)」のネタバレ・あらすじ

「Saw(ソウ)」のネタバレ・あらすじ

2010.09.25 (Sat)
アダム(リー・ワネル)とローレンス・ゴードン(ケアリー・エルウェズ)は、老朽化した広い浴室で目覚めた。突然拉致された彼らは、それぞれ足首に鎖をはめられ、2人の間には自殺死体が転がっている。

そしてさらに、テープレコーダー、「再生せよ」と書かれたテープ、一発の弾、タバコ2本、着信専用携帯電話、2本のノコギリ…これらのアイテムがそこには置かれていた。

ポケットに入っていたテープを再生すると、「6時間以内にどちらかを殺さないと、2人とも殺害する」という犯人のメッセージが入っていた。

アダムとドクター・ゴードンは、自分達の異常な状況を次第に把握していく。間もなく、連続殺人犯「ジグソウ」に拉致されたのだと知る。この犯人は、命を粗末にしている人間にその大切さを教えることを目的に、残虐なゲームを次々行なっている人物で、「ジクソウ」と呼ばれていた。

彼を執念深く追っているのはタップ刑事(ダニー・グローヴァー)。彼は犯人を追い詰めた時、相棒の新米刑事シン(ケン・リョン)を殺され、自分もノドを裂かれかけたのだ。

一方、浴室の2人は、ゴードンの妻のアリソン(モニカ・ポッター)と娘のダイアナ(マッケンジー・ヴェガ)が犯人に捕らえられていることを知る。そしてアダムは、ゴードンの浮気調査をしていたカメラマンであることが明らかになる。

ゴードンに課せられたクリア条件は、タイムリミットまでにアダムを殺すことだった。そうしなければ彼だけでなく、彼の妻や娘が殺される、というものだった。しかし脱出はならず、リミットは過ぎてしまう。受信専用携帯電話で妻と娘の声を聞き、絶望に囚われるゴードン。

一方、自宅で拉致されているゴードンの妻娘。犯人はゴードン勤める医院の下働きゼップだった。彼はゴードンの患者に対する冷たい取り扱いに腹を立てていた。時間が過ぎ、あわや殺されるかという時、妻は縄を解き、ゼップに抵抗する。そこへ、ゴードンがジグソウではないか、と疑った刑事(隣りから見張っていた)が突入する。難を逃れた妻はゴードンに電話をかけるが、彼は出ない。その時電話はゴードンの手の届かない床に転がっている。

電話がとれず、時間も過ぎたことで半狂乱になったゴードンは、ノコギリを手にする。そして、鎖に繋がれた脚を切断した。鎖から自由になったゴードンは、中央の死体の銃を手に取り、アダムに向ける。アダムが銃弾を受け、倒れた後、刑事を殺害して難を逃れたゼップが地下室へ入ってくる。

だが、そこでアダムが起き上がり、背後からゼップを撃ち、ゴードンを助ける。彼は、肩を撃って死んだふりしただけだったのだ。ゴードンは脚を失いながらも、助けを呼びに階段へと体を引きずっていく。

彼を見送った後、アダムは鍵を求めてゼップの身体検査をする。すると、ポケットの中にテープレコーダーがあった。再生すると、そこからはジグソウの声が聞こえた。「ゴードンの妻子をタイムリミットになったら殺せ、さもないと、お前は注射した毒で死ぬ」とそこには吹き込まれていた。

ゼップもまたプレイヤーにすぎなかったのだった。驚愕するアダムの目の前で自殺死体が突然動きだし、そのマスクを剥ぐ。その正体はゴードンの患者で、末期の脳腫瘍を持つ男だった。

呆然とするアダムを前に、ジグソウは高らかに「ゲームオーバー」と宣言する。
そして、地下室の扉は閉められた。

【関連記事】
ネタバレ作品一覧

「Saw(ソウ)」のネタバレ・あらすじ

「SAW 2(ソウ 2)」のネタバレ・あらすじ

「SAW 3(ソウ 3)」のネタバレ・あらすじ

「SAW 4(ソウ 4)」のネタバレ・あらすじ

「SAW 5(ソウ 5)」のネタバレ・あらすじ

「SAW 6(ソウ 6)」のネタバレ・あらすじ

「SAW 7(SAW the finale)」のネタバレ・あらすじ


ネタバレ作品一覧

トップページへ「1分で分かるネタバレ
トップページ  |  16:59  |  映画のネタバレ

*All archives   *Admin