メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ
サイトトップドラマのネタバレ ≫ HERO season2 第4話 あらすじ・ネタバレ

HERO season2 第4話 あらすじ・ネタバレ

2014.08.04 (Mon)
簡単に説明すると…
1) 城西支部に京都地検から女性検事・中村美鈴(大塚寧々)が出張してくる。健康器具詐欺の被疑者・土井垣次郎(西村和彦)が京都でも詐欺を行っていたため、やってきたのだ。
2) 久利生は、麻木千佳(北川景子)のかつての不良仲間で、マンホールの蓋を盗んだ男を取り調べる。男に、減刑嘆願書が多数寄せられたことを不審に思う。その中に共犯者がいるのではないか、と疑う。
3) マンホール窃盗事件という軽微な事件にも関わらず、飛田の仲間が千佳を襲ったことに疑念を覚えた久利生は、過去の事件を調べ、ホームレス男性が飛び蹴りを受けて死亡していることが判明する。その男性の事件に、飛田は関わっていたのだった。それを隠蔽するため、減刑嘆願書なども仲間は集めたのだった。

起:女性検事・中村美鈴の再登場


城西支部に京都地検から女性検事・中村美鈴(大塚寧々)が出張してくる。久利生公平(木村拓哉)や遠藤賢司(八嶋智人)、末次隆之(小日向文世)には懐かしい仲間だった。美鈴には、事務官の小金沢克雄(温水洋一)が同行してきた。

宇野大介(濱田岳)が取り調べている健康器具詐欺の被疑者・土井垣次郎(西村和彦)が、関西でも同じ犯罪を行っていたため、美鈴は一緒に取り調べを行うことになる。

承:麻木千佳の過去


久利生は麻木千佳(北川景子)とマンホールの蓋を盗もうとして逮捕された男・飛田を取り調べ。男は素直に犯行を認める。しかし、久利生は逮捕から 3 日しか経過していないのに、男に寄せられた多くの減刑嘆願書が気にかかる。そんな取り調べ中、男がいきなり千佳を呼び捨てる。その男は、千佳とかつての知り合いだった。千佳は、地元・木更津でヤンキー仲間と過去につるんでいた。

宇野は口の上手い土井垣の取り調べに苦戦する。ところが、美鈴が土井垣を取り調べると、土井垣は、あっさりと詐欺を認める。美鈴の華麗な取り調べに、宇野は負けたとショックを受ける。

久利生と麻木は、マンホール窃盗の捜査に出かける。案内の警察官によると、付近では他にもマンホールの盗難があり、公園からは金属性の滑り台も盗まれていた。久利生は共犯者の存在を疑い、嘆願書を書いた人に話を聞きに行く。その場にも、かつての仲間がいたため千佳の素性は次々と明るみに出る。

転:千佳の危機


嘆願書を書いた人々は、「本人が誰だかよく分からないが、署名した」という。署名したのは、倉石という飛田の仲間に依頼されたからだという。飛田は「初犯で、単独の犯行だった」と主張しているが、久利生は、周囲に複数の窃盗事件があり、さらには重いマンホールを1人で運ぶことは難しい、と指摘する。

千佳は、飛田に「共犯者がいたのではないか」と久利生とともに飛田に訊く。飛田は、「仲間を売るのか」と激昂するが、「私は検事事務官」と自身の立場で職務を全うしている、と言い切る。

久利生と飲んだ帰り、別れた千佳が男たちに襲われる。飛田の仲間が逆恨みで脅してきたのだった。久利生は千佳の忘れ物を届けようとして、ちょうど居合わせ、助けることができた。久利生は、ナンバープレートを覚えており、飛田の仲間・倉石、竹中であることを割り出す。

結:隠された事件


久利生は、マンホール窃盗だけで、千佳を襲ってまで捜査妨害を行うことに疑問を呈する。現場付近の公園で、すべり台が盗まれていることが判明。実はその犯行時、飛田たちに注意をしてホームレスの男性が飛び蹴りを受けて頭部を強打、死亡しているという事件が発生している。

飛田、倉石らはその事件を隠蔽するために嘆願書や千佳を襲ったのだった。「調子に乗るな」という飛田に、久利生は「まともに生きてないヤツが、まともに生きてるヤツを非難するのはおかしいだろ!」と一喝する。

千佳が怪我でもしていたら、こんなことじゃ済まない、という久利生の言葉の前に、飛田は罪を認めるのだった。

前話:HERO season2 第3話 あらすじ・ネタバレ


ネタバレ作品一覧

トップページへ「1分で分かるネタバレ
トップページ  |  21:54  |  ドラマのネタバレ

*All archives   *Admin