メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」あらすじ・ネタバレ

2015.08.19 (Wed)

簡単なあらすじ


1) 強大な武力を持った皇帝(ジェット・リー)は、呪術師の娘ツイ・ユアン(ミシェル・ヨー)の恋人を殺害し、激怒したユアンは、皇帝を呪いで陶器へと姿を変えた。
2) 中国を最強国にしようと目論むヤン将軍(アンソニー・ウォン)は、皇帝の呪いを解き、皇帝の力・兵士を得ようとしていた。
3) リックとエヴリンたちは、ヤン将軍の企てを阻止しようとするが、皇帝は復活してしまう。
4) 不死の命を持っていたユアン、そしてその娘・リン(イザベラ・リョン)の力を借り、リックたちはヤン将軍、そして皇帝を倒す。リックとエヴリンの息子・アレックス(ルーク・フォード)は、リンと恋仲となる

起:呪われた皇帝


約2000年前の古代中国で、五行を操る魔力と、強大な武力を持った皇帝(ジェット・リー)は、不死の力を求め、呪術師の娘ツイ・ユアン(ミシェル・ヨー)とミン・グオ将軍を遥か遠くのシルクロードに派遣した。

ユアンは、不死の魔術を発見し都に戻るが、ユアンとミンが恋仲となったことを知った皇帝は、2人に卑劣な罠を仕掛ける。ユアンに、ミンが処刑される姿を見せつけたところ、彼女は激怒し、皇帝と臣下を呪いで陶器に変え、姿を消す。

それから2千年後、1946年のロンドン。リック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)と妻エヴリン(マリア・ベロ)は、第2次世界大戦後で静かな生活を送っていた。そんな彼らの元に、持ち主を不死の泉に導くと言うブルー・ダイヤ「シャングリラの眼」を、上海の博物館に返還する任務が下る。

承:ヤン将軍の目論見


リックとエヴリンの息子のアレックス(ルーク・フォード)は、親に内緒で大学を中退し、中国で皇帝陵を発掘する偉業を達成していた。上海でエヴリンの兄・ジョナサンが経営するナイトクラブ『イムホテップ』(アム・シェアーの黄金のピラミッドの頂上にあったダイヤを元手に開いた)に行ったリックたちは、アメリカ留学中だったはずのアレックスと中国で鉢合わせ、驚く。

翌日、上海博物館の館長ロジャー・ウィルソン教授(デヴィッド・コールダー)は、中国を最強国にしようと目論むヤン将軍(アンソニー・ウォン)と共謀し、シャングリラの眼を使って皇帝を復活させようとしていた。

リックたちは、阻止しようとするが、ヤン将軍は復活した皇帝を連れ、逃走してしまう。アレックスは、中国人女性リン(イザベラ・リョン)と出会い、皇帝陵を見張ってきた家族の末裔である彼女は、「シャングリラの眼を手に入れた皇帝がシャングリラにある不死の泉の霊水を飲めば、軍隊を呼び覚ます力を得る」と告げる。
トップページ  |  15:24  |  映画のネタバレ

「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」あらすじ・ネタバレ

2015.08.19 (Wed)

簡単なあらすじ


1) エヴリンは、不思議な夢に導かれ、エジプトのある遺跡でアヌビスの腕輪を発見する。その腕輪は、アヌビス神のものであり、それを身につけると、アヌビス軍の軍勢を従えることができるのだという。
2) アヌビスの腕輪で世界征服を狙うハフェズ(アラン・アームストロング)と手下たちに、エヴリン、そしてその息子アレックス。そんな妻・子供をリック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)は救出する。
3) ハフェズを止めるため、再び復活させられたイムホテップ、そしてスコーピオン・キングにリックは戦いを挑む。リックは、スコーピオン・キングを倒したところ、戦いの場であるピラミッドが崩壊し、その最中にイムホテップは死亡する。
4) リックの友人であるイジー(ショーン・パークス)が修理した飛行船に乗り、リックたちは無事に脱出し、カイロへと向かうのだった。

起:アヌビスの腕輪


現代から約5000年前のエジプト・テーベ。屈強な戦士であったスコーピオン・キング(ドゥエイン・ジョンソン)は、世界征服をしようと、大戦を起こした。この戦いは、7年にも及び、後に敗戦したスコーピオン軍は「アム・シェアーの聖なるオアシス」まで逃げ落ち、兵士を失ったスコーピオン・キングは、たった1人となった。

死の間際、スコーピオンはアヌビス神へ誓いを申し出た。「自分の命を助け、敵を倒させるなら、自分の魂を捧げよう」と。その願いに、アヌビス神は応じ、自らの軍勢を与え、敵を倒させた後、スコーピオンを永遠の僕(しもべ)とした。

5000年後の1933年、エジプト。イムホテップの復活の危機から9年が経った1933年、リック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(レイチェル・ワイズ)は結婚し、2人の間には、8歳の息子・アレックス(フレディ・ボース)が生まれていた。

エヴリンは、不思議な夢に導かれ、エジプトのある遺跡でアヌビスの腕輪を発見するが、腕輪を狙うハフェズ(アラン・アームストロング)の手下三人(スパイビー、ジャック、レッド)に襲われる。3人は逃げ出し、ロンドンの自宅へ腕輪を持ち帰る。

承:ハフェズたちにさらわれたエヴリン


ハムナプトラでは、ハフェズ、ハフェズ一派の女性ミラ(パトリシア・ヴェラスケス)、暗殺者ロックナー(アドウェール・アキノエ=アグバエ)らによって「死者の書」、「アムン・ラーの書」、「イムホテップのミイラ」が地中から掘り起こされようとしていた。

一方、エヴリンたちはロンドンへ帰宅したものの、「発見したアヌビスの腕輪を使い、伝説のアム・シェアーへ行こう」と、エヴリンはリックを説得する。そんな2人が会話をしている中、アレックスは、母親譲りの好奇心と悪戯心から、腕輪の入った箱を勝手に開け、導かれるように腕に着けてしまう。すると、突然目の前にエジプトの光景が広がり、一つ目の目印である「カルナック神殿」の光景が目の前に広がった。

その後、ハフェズの部下であるロックナーにエヴリンが連れ去られてしまう。アーデス・ベイ(オデッド・フェール)は、アレックスが腕輪をしているのを見て、「スコーピオン・キングの呪いの扉が開かれてしまった」とリックに告げる。
トップページ  |  14:32  |  映画のネタバレ

「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」あらすじ・ネタバレ

2015.08.19 (Wed)

簡単なあらすじ


1) 3000年前の古代、エジプトで邪悪な力を誇った魔術師にして大神官イムホテップ(アーノルド・ボスルー)は王の愛人アナクスナムン(パトリシア・ヴェラスケス)と許されざる恋に落ちてしまう。2人の仲を疑われたイムホテップは、王を殺害し、禁断の呪い「ホムダイ」で処刑される。
2) 1923年、外国人部隊所属のリック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)は、死刑に処されようとしていたところ、ハムナプトラに眠る古文書を探す女性科学者エヴリン(レイチェル・ワイズ)によって救われる。
3) リックとエヴリンたちは、ハムナプトラを目指し、そこで封印されていたイムホテップを蘇らせてしまう。
4) 古代の秘密の呪文を記した「アムン・ラーの書」を用い、エヴリンはイムホテップを人間に戻し、リックはイムホテップを倒すことに成功するのだった。

起:イムホテップの処刑


3000年前の古代、新王朝時代のエジプトで、邪悪な力を誇った魔術師にして大神官イムホテップ(アーノルド・ボスルー)は王の愛人アナクスナムン(パトリシア・ヴェラスケス)と許されざる恋に落ちてしまう。

セティ1世から仲を疑われたイムホテップとアナクスナムンは、とっさに彼を殺害してしまう。イムホテップは、アナクスナムンを生き返らせることを約束し逃亡し、アナクスナムンは自害する。

イムホテップは、死者の書を手に、死者の都「ハムナプトラ」へ赴いて儀式を行っていた。だが、完遂を目前に、王の兵団が乱入し、アナクスナムンの蘇生は失敗してしまう。部下の神官たちは罰として生きながらミイラにされ、さらにイムホテップは、「その残酷さゆえに一度も行われたことが無い」という、永遠に死のやすらぎを得ることができない禁断の呪い「ホムダイ」で処刑される。

1923年、外国人部隊所属のリック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)は、部隊がトゥアレグ族に敗北し、さらには狡滑な傭兵である部下 ベニ(ケヴィン・J・オコナー)にも裏切られ、1人で砂漠を放浪するはめになってしまう。そして、ついにはカイロ刑務所に捕らわれてしまう。

3年後、死刑が確定し、カイロ刑務所に服役していたリックは、ハムナプトラに眠る古文書を探す女性科学者エヴリン(レイチェル・ワイズ)によって救われる。財宝を狙う彼女の詐欺師まがいの兄ジョナサン(ジョン・ハナ)は、都の場所を知るというリックの噂を聞いて、エヴリンをたきつけ、さらには、これまた財宝を狙う強欲な刑務所長(オミット・ジャリリ)を説得させたのだった。

承:蘇るイムホテップ


船でハムナプトラに向かうリック一行は、同じくハムナプトラを目指すアメリカ人のグループと、彼らの案内役を務めるベニーに遭遇する。“死者の都”を守る秘密結社からの攻撃を受け、船は沈没するも、なんとかハムナプトラに辿り着いた。

敵対しながら発掘作業を進める2つのグループを、再び秘密結社が襲い、「去らねば死ぬ」と言い残して去る。そして、アメリカ人達は死者の書を、エヴリン達は、謎の石棺とそこに眠る生乾きの奇妙なミイラを発見する。拝借した死者の書をエヴリンが解読し、音読すると、ミイラは叫び声を上げ、蘇る。そのミイラこそ、「ホムダイ」で処刑されたイムホテップだったのだ。

秘密結社は、古来より伝え聞くイムホテップの復活を阻止せんがため、神聖な墓所を守っていた「メジャイ」だった。

イムホテップは、人々の生気を吸うたびに復活していき、呪いから復活するとエジプトに10の災いが起きると言われ、蝗(いなご)の大群の襲撃、火球の落下、日蝕(にっしょく)、水が血に染まるなどの異変が次々と起きる。
トップページ  |  06:00  |  映画のネタバレ

「平成狸合戦ぽんぽこ」あらすじ・ネタバレ

2015.08.18 (Tue)

簡単なあらすじ


1) 東京・多摩丘陵で、のんびりひそかに暮らしていたタヌキたちは、多摩ニュータウン計画で周囲が開発されていることで、エサや住処が減っていることに危機感を覚えていた。
2) 四国のタヌキの長老を招き、変身することができる「化学(ばけがく)」を駆使して人間に対抗するが、自然への畏怖を忘れた人間たちには、効果はなかった。
3) 抗うすべを失った正吉(野々村真)は、掟破りを承知で、TVクルーの前に現れ、自然の大切さを訴える。結果、わずかばかりの土地は、開発されずに残されることになった。
4) タヌキたちは、キツネの忠告から、「人間に化けて、人間社会に溶け込む」ことを選択する。化けることができないものたちは、開発されずに残った土地に残ることとなった。

起:タヌキたちの危機


東京・多摩丘陵で、のんびりひそかに暮らしていたタヌキたちは、エサ場をめぐって縄張り争いが起こしてしまう。原因は、人間たちによるニュータウン建設工事に伴う工事で、土地が開拓され、エサが激減していたのだった。

「このままでは、住む土地さえ失くなってしまう…」と危惧したタヌキたちは、開発阻止を目標に掲げ、タヌキたちは長く忘れられていた力「化学(ばけがく)」を駆使し、人間への抵抗を開始する。

四国と佐渡からタヌキの長老を招くため、遣いを向かわせる一方、タヌキたちは行動を起こす。当初、一部の過激派による開発業者のトラックなどへの妨害行為により、人間の死傷者が出てしまう。だが、全面戦争を望まないタヌキたちは、化け学を駆使して超常現象見せることで、自然への畏怖を取り戻させ、工事を妨害しようとする。

一方、四国へ向かった玉三郎(神谷明)は長老達に助力を願い出ることに成功したが、誰を派遣するか、半年経っても結論が出ないでいた。また、佐渡へ旅立った文太(村田雄浩)も、長老タヌキの消息が掴めないでいた。

承:妖怪大作戦


手ぬるい作戦に苛立つ権太(泉谷しげる)を筆頭とする過激派が、クーデター起こそうとするが、ちょうどその頃、四国から玉三郎が長老とともに帰ってくる。かくして、多摩のタヌキたちと3匹の長老達によって、下化け学を駆使した「妖怪大作戦」が結構されるのだった。

タヌキたちは、総力を結集して百鬼夜行の大行列を見せるが、人間たちは何かのアトラクションと思い、レジャーランドの宣伝に利用されてしまうという結果になってしまう。さらに、四国の長老の一匹・隠神刑部(芦屋雁之助)も、大掛かりな幻術を仕掛けたため、力を使い果たし、命を落としてしまう。作戦は失敗に終わってしまったのだった。

結果に落胆し、無気力に陥るタヌキ。そこへ、同じ境遇にあるキツネは、四国の長老の一匹・六代目金長(3代目桂米朝)に、「化け術を駆使して、人間社会に溶け込んで生きる方が良い」と忠告する。しかし、それを良しとしない権太は、仲間を率いて人間たちに玉砕覚悟で挑みかかるも、トラックに轢かれて命を落としてしまう。
トップページ  |  17:02  |  映画のネタバレ

「ナイトクローラー」あらすじ・ネタバレ

2015.08.12 (Wed)

簡単なあらすじ


1) ルー・ブルーム(ジェイク・ジレンホール)は、高い知能を持ちながらも目的のためには手段を選ばないサイコパス(反社会性人格障害)的な人物だった。
2) ルーは、自動車事故の現場を撮影するカメラマンの姿を見て、ニュース番組に事件・事故の映像を売るというビジネスに手を染め始める。
3) 特ダネのためには手段を選ばないルーは、強盗事件の犯人を自ら見つけ出し、銃撃戦やカーチェイスなどを撮影する。また、ルーは過大な要求をしてきたアシスタントを犠牲にし、その死にゆくさまも撮影した。
4) テレビ局で名が売れ始めたルーは、さらにアシスタントや機材設備への投資を行い、映像を求め夜を彷徨うのだった。

起:ルー・ブルーム


ルー・ブルーム(ジェイク・ジレンホール)は、高い知能を持ちながらも目的のためには手段を選ばないサイコパス(反社会性人格障害)的な人物だった。定職にも就いておらず、ルーは工事現場でフェンスの金網を盗んでいたところ、警備員に見つかり、彼を襲って時計と金網を盗む。

スクラップヤードに盗んだ品を売り、ルーは「キャリアアップできる仕事をしたい」と申し出るが、現場監督は「泥棒を雇う気はない」と告げられてしまう。

帰り道、自動車事故の現場を撮影するカメラマンを見たルーは、事件・事故の映像が高額で売れることを知る。盗んだロードバイクを売り、ルーはカメラと警察無線受信機を手に入れる。そして、車強盗の襲撃後の現場を撮影し、ローカル局に売り込む。

深夜のニュース番組のディレクターであるニナ(レネ・ルッソ)は、ルーが撮影した惨たらしい遺体の映った動画を買い取る。彼女は、「白人が被害者で、裕福な住宅街での事件」のような映像が欲しいのだと伝えた。

承:ビジネス


撮影を続けるルーは、1人での撮影に限界を感じ、カネも住む家もない若者であるリック(リズ・アーメッド)をアシスタントとして雇う。映像が売れ、コツを掴んだルーは、映像にインパクトを与えるために遺体を動かしたり、不法侵入で現場を映すといったことに手を染め始める。

大金を手に入れ、ライバルからも共同ビジネスを持ちかけられるが、ルーはその提案を拒否した。すると、ライバルは他の同業者とパートナーとなり、ルーのビジネスは危うくなった。するとルーは、ライバルのバンに細工を施し、バンは事故を起こす。ルーは、怪我を負って重傷のライバルを無言で映し続けた。

ルーは、ニナに映像を売る見返りに、肉体関係を求める。ニナは、自身のクビと番組の視聴率のため、ルーの提示した条件を受ける。
トップページ  |  21:43  |  映画のネタバレ

*All archives   *Admin