メインコンテンツ 映画のネタバレ ドラマのネタバレ 小説のネタバレ

当サイトの注目記事


「アイアンマン3」あらすじ・ネタバレ

2015.08.05 (Wed)

簡単なあらすじ


1) アメリカ国内では、爆破テロを行っては、電波ジャックによる犯行声明を出すテロリストであるマンダリン(ベン・キングズレー)率いる、テン・リングスの活動が問題視されていた。
2) だが、実際はマンダリンというのは架空のテロリストであり、「アドバンスド・アイデア・メカニックス(A.I.M.)」の創設者である若き科学者 アルドリッチ・キリアン(ガイ・ピアース)が作り上げた人物だった。アルドリッチは、テロを起こしては不安を煽り、政府などに武器を売りつけるということを行っていた。
3) アルドリッチは、作成したウィルス・エクストリミスを自ら投与し、超人となってトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)に襲いかかる。だが、トニーはアーマーを犠牲にすることによって、危機を脱した。
4) トニーは、アーマーに極度に依存していたが、その状態から脱却し、アーク・リアクターを胸から外して心臓手術を受けた。そして、新たな人生を歩むことにしたのだった。

起:アーマー依存症


1999年12月31日、スイスを訪れていたトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)は、「アドバンスド・アイデア・メカニックス(A.I.M.)」の創設者である若き科学者 アルドリッチ・キリアン(ガイ・ピアース)の歓迎を受ける。

アルドリッチに興味を持ったトニーは、屋上で商談を行う。また、同じく会場で知り合った植物学者のマヤ・ハンセン(レベッカ・ホール)と一夜を共に過ごした。

2013年…人類滅亡の危機をかろうじて回避したアベンジャーズの戦いから1年後、トニーは、スターク・インダストリーを恋人ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)に任せ、アーマーを次々と開発していた。遠隔操作と自動装着を可能にする新型「マーク42」まで開発したものの、かつての戦いで不眠症やパニック障害を患ったトニーは、悪夢や発作に悩まされ、どこに行くにもアーマーを持ち歩く状態に陥っていた。

承:マンダリンの脅威


アメリカ国内では、爆破テロを行っては、電波ジャックによる犯行声明を出すテロリストであるマンダリン(ベン・キングズレー)率いる、テン・リングスの活動が問題視されていた。

トニーの親友であるジェームズ・ローズ大佐(ドン・チードル)は、大統領の命を受け、「ウォーマシン」を改良した新型スーツ「アイアン・パトリオット」を着て捜査を行っていた。

一方、アルドリッチが、ポッツを訪れる。かつては小さな研究所だったA.I.Mは、今や政府に認可されるほどの大きなシンクタンクとなっていた。キリアンはポッツに、人間の脳の未使用領域を利用して、人の能力を向上させるウィルス・エクストリミスの研究を行っていることを打ち明け、共同研究を提案する。

だが、軍事利用される危険性を考え、ポッツは断る。一方、警備主任のハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)は、アルドリッチとその同行者を不審に思い、尾行。同行者が謎のスーツケースを、浮浪者に渡す現場を押さえる。スーツケースに入っていた薬品を浮浪者が摂取した直後、高熱を発しながら爆発を起こす。周囲の民間人数名が犠牲になり、ホーガンも重傷を負って昏睡状態となる。

事件を知ったトニーは、マスコミを通じてマンダリンに対して宣戦布告をする。トニーは、テネシー州のある町で、酷似した爆発事件が起きていたことを知り、その直後、マスコミのヘリに偽装したテロリストのヘリが襲撃してきた。

トニーは、自宅を破壊されながらも、ポッツとマヤの2人を救出し、自身も空を飛んで危機を脱する。だが、テネシー州に不時着したところでスーツは故障してしまう。トニーは、爆発事件の現場や関係者を調べるうちに、爆発を起こした人間がA.I.Mに関わっていることを知る。
トップページ  |  17:25  |  映画のネタバレ

「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(第5作)」あらすじ・ネタバレ

2015.08.05 (Wed)

簡単なあらすじ


1) イーサン・ハント(トム・クルーズ)は、国際犯罪組織である"シンジケート"の存在を確信し、メンバーの情報収集を行っている中、捕らえられてしまう。だが、そんな彼をシンジケートに所属する謎の女 イルザ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)に救われる。
2) イーサンは、シンジケートの施設に潜入し、そこでメンバーの情報を手に入れる。だが、そのロック解除には、イギリス首相の生体認証が必要だった。しかも、友人であるCIAのベンジー・ダン(サイモン・ペグ)がシンジケートに拉致されてしまい、シンジケートのリーダーであるソロモン・レイン(シーン・ハリス)に、ロック解除して情報を渡せ、と迫られる。
3) イーサンはイギリス首相を麻酔銃で眠らせ、生体認証を解除する。さらに、ベンジーを引き渡させることに成功し、ソロモンを捕らえることに成功した。結果、シンジケートは壊滅させられたのだった。

起:シンジケートの存在


イギリス。神経ガスが飛行機に積まれ、離陸されようとしていた。空輸を阻止すべく、インポッシブルミッションフォース (IMF)のチームは監視をしていたが、政府からの圧力もあり、手出しできなかった。そこに、イーサン・ハント(トム・クルーズ)が現れる。

イーサンは、滑走路を走り始め、エアバスの羽に手を掛ける。だが、ドアはロックされており、開かない。ついには離陸してしまう。貨物用ハッチを開き、内部に侵入する。パイロットは、異変を察知するが、イーサンはすでに兵器を奪い、脱出するところだった。

イーサンは、今回の一件から、CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織“シンジケート”が存在していると確信し、IMFのウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)に報告する。イーサンは、自分の個人情報がシンジケートに漏れていると気づくも、逃げ遅れてレコードショップで催眠ガスにより眠らされてしまう。

承:イルザ・ファウスト


イーサンが目覚めると、そこは尋問室らしき部屋だった。シンジケートの構成員や、謎の女であるイルザ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)が現れ、イーサンは尋問される。だが、イルザにイーサンは手錠の鍵を渡され、彼女の手助けにより脱出に成功する。

一方、ワシントンDCではCIA長官であるアラン・ハンレー(アレック・ボールドウィン)とウィリアムは、上院委員会に出席していた。アラン長官は、IMFの解体およびCIAへの吸収を訴え、委員会は承認した。

イーサンの潜伏が始まってから6ヶ月後、CIAはイーサンを捕らえるため、部隊をハバナに派遣した。だが、そこにイーサンの姿はなく、彼が残したシンジケートの情報が残されていた。

CIA所属のベンジー・ダン(サイモン・ペグ)は、元来、親しい仲ということもあり、イーサンに協力的だった。ベンジーは、イーサンの差出した手紙の通り、ウィーンへオペラの鑑賞へと向かう。
トップページ  |  14:57  |  映画のネタバレ

「アイアンマン2」あらすじ・ネタバレ

2015.07.31 (Fri)

簡単なあらすじ


1) トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)を恨むイワン(ミッキー・ローク)は、自ら開発したアーク・リアクターを用い、エレクトリカル・デス・ウィップという武器を作り上げる。
2) イワンは、トニーを襲うが、返り討ちにあって逮捕されてしまう。だが、スタークの会社のライバル会社のハマー・インダストリーズ社長が、イワンを脱獄させ、雇い入れる。
3) ハマーの手を借り、さらに強力な武器を手に入れたイワンは、再びトニーを襲う。トニーは、ジェームズ・ローズ空軍中佐(ドン・チードル)とともに協力してイワンを倒す。

起:世間の逆風


トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が「自分がアイアンマンである」と公表してから半年後、さらに改良を加えたアーマー"マーク4"を纏って、マークは世界各地で起こる紛争を鎮圧し続けていた。

だが、マークは政府から、その一方的な介入を疑問視され、アイアンマン・アーマーを兵器として見なされたことで、アーマーの引き渡しを求められてしまう。かつてアフガニスタンで自ら深手を負い、その傷を代償にして開発したアーマーを、誰の手にも渡したくないトニーは、断固として要求を拒否するが、トニーの体はアーマーの動力源にして生命維持装置でもあるアーク・リアクターの動力源であるパラジウムが放出する毒素に蝕まれつつあった。

自分の余命が短いことを悟ったトニーは、スターク・インダストリーズ社長の座を秘書のペッパー・ポッツに譲り、新たな秘書としてナタリー・ラッシュマンを迎え入れる。そして、後世にテクノロジーを伝える博覧会「スターク・エキスポ」を盛大に開催した。

承:世間の逆風


かつて、トニーの父であるハワード(ジョン・スラッテリー)と、アーク・リアクターの共同研究をしていた科学者であるアントン・ヴァンコが亡くなった。彼は、アメリカ在住時、スパイ容疑で逮捕・追放され、それ以降ずっと貧困生活を余儀なくされていた。そんなアントンの息子・イワン(ミッキー・ローク)は、スターク家を逆恨みし、自らの手で小型のアーク・リアクターを作り上げ、それを動力源として動く武器であるエレクトリカル・デス・ウィップを開発した。

イワンは、モナコでカーレース参加中のトニーを襲うが、トニーは、携帯型アーマー"マーク5"で、応戦する。イワンは逮捕されるが、そのことがニュースとなると、アイアンマンと同等のテクノロジーが他に存在することから、その危険性が指摘され、「政府にアーマーを引き渡すべきではないか」といった世論の声が高まる。

トニーはそんな世間に嫌気が差し、アーマーを持ちだし誕生日パーティーをマリブの自宅で開き女性と遊び深酒をした。パーティーに招待されたトニーの友人であるジェームズ・ローズ空軍中佐(ドン・チードル)は、彼を止めようと、トニーの自宅にあった"マーク2"を無断で装着し、殴り合いのケンカを行う。そして、そのままマーク2を没収して空軍に持ち帰ってしまった。
トップページ  |  17:45  |  映画のネタバレ

「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(第4作)」あらすじ・ネタバレ

2015.07.30 (Thu)

簡単なあらすじ


1) テロリストであるカート・ヘンドリクス(ミカエル・ニクヴィスト)は、人口抑制や新たな人類の進化のため、ロシアの原子力潜水艦から核ミサイルを発射しようと企てていた。
2) ロシアの刑務所に拘束されていたイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、IMFの手助けにより脱獄。カートのテロを阻止するべく作戦を開始する。だが、その中でイーサンたちは、ロシアでの爆破事件の犯人と断定されてしまう。
3) アメリカ合衆国大統領は、関与を否定するために「ゴースト・プロトコル」を発動。IMFは事実上解体され、イーサンは後ろ盾をなくして逃亡者の身となってしまう。
4) カートはミサイルを発射するのだが、イーサンがカートを倒し、サンフランシスコに直撃する直前に阻止できた。

起:イーサン・ハントの脱獄


秘密組織IMFのエージェントであるトレヴァー・ハナウェイ(ジョシュ・ホロウェイ)は、ハンガリーのブダペストで、"コバルト"というコードネームの人物に渡されるはずの秘密ファイルを奪う作戦に参加していた。

簡単な任務のはずだったが、ファイルを狙う別の組織が現れて銃撃戦となる。やがて、トレヴァーは、女殺し屋のサビーヌ・モロー(レア・セドゥ)によって殺害され、ファイルも奪われてしまう。

トレヴァーのチームリーダーであるジェーン・カーター(ポーラ・パットン)と、新たに現場エージェントに昇格したベンジー・ダン(サイモン・ペグ)が、イーサン・ハント(トム・クルーズ)と、イーサンと親しい情報屋であるボグダン(ミラジ・グルビッチ)をモスクワの刑務所から脱獄させる。

承:コバルト追跡


イーサンは、IMFの指令によって"コバルト"の正体を探るため、ジェーンとベンジーとともに、軍人に変装してクレムリンに侵入する。だが、IMFの連絡無線の周波数を知っている別組織に先手を打たれ、爆破テロに巻き込まれてしまう。

病院で目覚めたイーサンは、ロシア諜報員のアナトリー・シディロフに、爆破テロの首謀者であると決め付けられる。イーサンは、その場から逃亡し、IMFに救助を求める。イーサンは、IMF長官に会い、「ロシア政府は、爆破テロをアメリカ合衆国によるものであると信じ込んでいる」と知らされる。

さらに、アメリカ合衆国大統領は、関与を否定するために「ゴースト・プロトコル」を発動させていた。「ゴースト・プロトコル」とは、アメリカ政府が非合法の秘密作戦に対して一切の関与を否定するというものである。よって、アメリカ政府の後ろ盾をなくしたイーサンたちは、テロリストとして追われる立場となってしまった。

IMF長官は、"コバルト"追跡のため、イーサンの逃亡に手を貸すが、ロシア諜報員・アナトリー率いる部隊に銃撃され、長官は死亡する。イーサンは、長官に同行していた分析官のウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)と脱出し、ジェーン、ベンジーとともに作戦を続行する。
トップページ  |  15:12  |  映画のネタバレ

「ミッション:インポッシブル2(M:I-2)」あらすじ・ネタバレ

2015.07.29 (Wed)

簡単なあらすじ


1) イーサン・ハント(トム・クルーズ)は、元IMFメンバーのテロリストであるショーン・アンブローズ(ダグレイ・スコット)が手に入れようとしている殺人ウィルス「キメラ」と、解毒剤「ベレロフォン」を奪還すべく作戦を開始する。
2) アンブローズの元恋人であるナイア(タンディ・ニュートン)に、アンブローズに接触させ、ウィルスと解毒剤のありかを探る。だが、アンブローズに感づかれ、ナイアは捕らえられてしまう。
3) イーサンを救うため、ナイアは自らにウィルスを注射する。そんな彼女の命を救うため、イーサンは、アンブローズの施設に潜入。見事アンブローズを打ち倒し、ナイアに解毒剤を打つことに成功するのだった。

起:ショーン・アンブローズ


IMFのエージェントであるイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、オーストラリアのエアーズロックで、ロッククライミングを楽しんでいた。そんな休暇中のイーサンのもとに、司令官スワンベック(アンソニー・ホプキンス)から、新たな指令が入る。

今回の使命は、元IMFメンバーのテロリストであるショーン・アンブローズ(ダグレイ・スコット)が奪った、30時間で人を死に至らしめる驚異の殺人ウィルス「キメラ」と、解毒剤「ベレロフォン」を奪還することだった。

ウィルスを生み出した科学者・ネロルヴィッチ博士(レイド・セルベッジア)は、自らの身体にウィルスを注射し、研究所から持ちだして事実を公表しようとしたが、乗っていた飛行機を墜落させられ、死亡していた。

イーサンは、「女泥棒・ナイア(タンディ・ニュートン)をメンバーに入れろ」と指示され、スペインへ飛び、ナイアと接触するが、美しき彼女といつしか恋におちてしまう。

承:ナイアとの出会い


ナイアはテロリストであるアンブローズの元恋人だった。そのため、彼女をアンブローズに接近させ、彼の計画を調べ出すことがIMFの狙いだった。

信頼できるメンバーである、ルーサー(ヴィング・レイムス)とヘリ操縦士ビリー(ジョン・ポルソン)の協力を得て、ナイアをアンブローズの元へ送り込むことに成功したイーサンだが、使命遂行と恋心の間で思い悩む。

アンブローズは、殺人ウィルス「キメラ」をネロルヴィッチ博士に開発させた張本人である、巨大製薬会社・バイサイトの社長マックロイ(ブレンダン・グリーソン)に会う。アンブローズは、世界中にウィルスをばら撒き、解毒剤を開発したバイサイトの株価を上げ、儲けることをたくらんでいたのだった。
トップページ  |  17:50  |  映画のネタバレ

*All archives   *Admin